ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年の米音楽市場、音楽配信54%成長 アルバム11%減少

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

音楽ストリーミングが「未来」から「現実」に変わるアメリカ音楽市場。2014年に音楽配信は54%成長、アルバムは11%減少

アメリカの音楽シーンは、音楽の消費の仕方が明らかに変化し始めました。

調査会社ニールセンの音楽業績データNielsen Musicがアメリカの2014年における音楽売上データを発表しました。これによれば、デジタル音楽の消費が大きく成長したことが明らかになりました。その要員は音楽ストリーミングの急成長です。しかしその他では、ほぼ全てのカテゴリーが減少する結果になりました。

無料および有料のオンデマンド型音楽ストリーミングサーヴィスは2013年の1600億回ストリーミング再生から54%と大きく成長し1640億回ストリーミング再生でした。

アルバム売上枚数は2013年の2億8,940万枚から11%減少し2億5,700万枚へとダウンしました。またアルバムダウンロード売上は1億1760万枚から9%下がり1億650万枚に減少しました。

トラック・ダウンロード売上のパーセンテージはさらに大きく減少。2013年の12億6,000万曲から12%ダウンし11億曲に留まりました。

アナログレコードは2013年の610万枚から52%成長して920万枚に売上枚数を拡大しました。これは1991年にニールセンが現在の音楽売上データNielsen SoundScanを導入して以来最高の数値です。アナログレコードは過去9年間続けて成長しています。

2014年最も売れたアルバムは、テイラー・スウィフトの「1989」であらゆるフォーマットで366万枚の売上を記録しました。2位は「アナと雪の女王」サウンドトラック(2013年リリース)で352万枚、3位はサム・スミスの「In the Lonely Hour」で120万枚、4位はPentatonixの「THat’s Christmas to Me」の113万枚でした。2014年で売上枚数が100万枚を超えたアルバムはこの4作品のみでした。

アメリカでは音楽の聴き方が、ダウンロードやCD購入など「所有型」から、ストリーミングなどクラウドへの「アクセス型」へと変化しています。この動きは消費者だけではありません。音楽ビジネスでもSpotifyの成長に加えて、アップルのBeats Music買収やYouTubeのサブスクリプション型サーヴィスなど、ストリーミングの領域で大きな変化が起きた年でした。

今回発表された「音楽ストリーミング54%成長」には、アメリカ最大のネットラジオPandoraやiHeartRadioの数値が加算されていません。したがって、実際の音楽ストリーミングの成長はさらに大きいと言えます。

■記事元http://jaykogami.com/2015/01/10379.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP