ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ももクロ、 映画「幕が上がる」予告編で主題歌「青春賦」初披露&舞台版の詳細も発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ももクロ、 映画「幕が上がる」予告編で主題歌「青春賦」初披露&舞台版の詳細も発表

2月28日より全国公開となる、ももいろクローバーZ主演×本広克行監督×平田オリザ原作の映画『幕が上がる』の予告編映像が公開された。先日発表となった主題歌「青春賦」も本予告編で初披露となる。

映画「幕が上がる」予告編

また、映画の公開を受け、今春5月には舞台「幕が上がる」が同じくももいろクローバーZの5人の主演で開幕する。映画から舞台へとさらなる彼女たちの成長と輝く姿を舞台で表現する。

映画のラッシュを観た平田オリザ氏は「自分が書いた作品なのにずいぶんと泣かされた」とコメントしている。そして、本広克行は「撮影現場が青春そのものだった」と。この「幕が上がる」という作品は、「熱いなにか」を呼び覚ましてくれる力があるようだ。そんな「幕が上がる」の舞台版、また稽古場から劇場で青春がほとばしる。

これまで舞台版に関する情報は、2015年5月に上演以外は明かされておらず、この度詳細が発表となった。映画は喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』)氏により脚本化されたが、舞台は原作者 平田オリザ氏自らの手によって舞台の脚本が生み出される。舞台はこの物語のある部分を掘り下げ、青春物語を紡ぎ出す予定。舞台版は小説で描かれている、ある一時に焦点を当て、ドラマを更に掘り下げ、小説、映画では描かれていない彼女たちの心情を丁寧に描いていく。

社会でもまれている私たちには あの込み上げてくるような「熱い時」、そして眠ってしまっていた「何か」をふるいおこしてくれるかもしれない。そして同世代の人々へは共感と前へ進むエネルギーを与えてくれる そんな舞台「幕が上がる」の幕が上がる。

原作・脚本:平田オリザ コメント
舞台版では、演劇の楽しさとももクロさんの元気の良さがオーバーラップするような作品にできればと思っています。なおかつ、せっかく私が台本書くので、「同時多発会話」など、私のテイストをできるだけ出して、うまくそれが融合すればいいなと思います。
ももクロのファンの方は、ライブを見ることはあっても生の演劇を観るということはあまりなかったと思いますので、ぜひ新しい世界を体験していただきたい。演劇ファンの方は、僕自身あたらしい挑戦になると思いますので、他ジャンルの融合を楽しんでいただきたいです。

演出:本広克行 コメント
ももクロとは、あるイベントで寸劇をやったことがあるんですが、面白い「反射」をする子達だなと思っていました。
舞台版は、演劇演劇している口語演劇をしてみたいと思っています。ももクロには稽古期間をしっかり取っていただいて、歌も歌わせない、持ち歌を一切歌わないガチの演劇作品を作りたいと思っています。オリザさんも頑張って書いてくださると思いますし、僕も全力で演出して、ももクロも全力投球で稽古して、いい作品になることは間違いないと思います。僕自身、演劇の演出はまだ5作品目で、どうなるんだろうとビビっているところではありますが、頑張りますので、宜しくお願いします。

舞台「幕が上がる」公演概要
原作・脚本:平田オリザ
演出:本広克行
出演:百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)他
日程:2015年5月1日(金)~24日(日)
会場:Zeppブルーシアター六本木
チケット料金:6500円(全席指定税込) 2015年4月4日前売開始
問い合わせ:パルコ 03-3477-5858 http://www.parco-play.com

関連リンク

ももいろクローバーZ オフィシャルサイトhttp://www.momoclo.net/
キングレコード公式ももいろクローバーZ twitterhttps://twitter.com/momoclo_king_pr
MOMOIRO CLOVER Z GLOBAL SITEhttp://www.evilline.com/momoclo/global/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。