ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香港の大学教授「民主派は見せしめのため厳しく罰せられる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「中央政府はあなたと香港特別行政区政府を一貫して支持し続ける」

 これは、中国の習近平・国家主席の言葉だ。習氏は2014年12月19日、マカオの中国返還15周年祝賀行事に参加するため現地入りし、同席した梁振英・香港行政長官や香港政府の主要幹部と会見した。

 習氏は現われた梁氏に「よく来たね」と満面に笑みをたたえ、近寄って親しげに握手。梁氏も笑顔で習氏の手を何度も握った。「この日の主役は崔世民・マカオ行政長官ではなく梁氏のようだった」と同席した香港政府幹部は語る。

 習氏と梁氏は11月初旬にも北京で会っており、1か月強で2回も会見するのは異例といえる。習氏が梁氏を特別扱いするのは、もちろん、9月下旬から香港の繁華街を占拠していた学生や民主派グループの強制排除を断行したからだ。

「習氏が強硬姿勢を貫くのは、民主化運動が中国本土に拡散することを恐れているからだ。習氏は香港の民主化運動を根絶やしにしようと考えている」

そう語るのは、世界的に活躍するチャイナウォッチャー、林和立・香港中文大学教授だ。林教授は、香港の民主派は、見せしめのために厳しく罰せられるとみている。 今回の強制排除で逮捕された1000人近い民主派は今後、政治的権利を制限される可能性が高い。

 香港警察トップの曾偉雄・香港警務処長(警察庁長官に相当)は「逮捕者の取り調べを最優先に進め、3か月以内に処分を決める」と豪語し、政治活動の禁止などの処罰も示唆した。

 民主派寄りの立法会議員(国会議員に相当)は、二六時中、不審な車で尾行されたと警察に被害を訴え、中国(本土)籍の男2人が逮捕されたが、なぜかすぐに釈放された。

 いまや香港政府は完全に北京の支配下に置かれた。

●文/相馬勝(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香港で民主派学生らを強制排除へ 天安門事件の再来も懸念
香港民主化運動 チョウ・ユンファ、アンディ・ラウらも支持
香港の民主化運動 習近平氏は流血弾圧さえ辞さない構えか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP