ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コーヒーをよくこぼす人へ そんなあなたは濡れても平気なキーボードを使うべし!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近では、iPadなどのタブレットの普及に伴って、専用のキーボードを購入し、パソコン代わりにする人が増えている。そんなキーボードに求められる要素といえば、「軽くて薄くて丈夫なこと」。これらの要素を兼ね備えた上、耐水・耐塵性も加わったキーボード「Keys-To-Go」がこの度登場した。

「Keys-To-Go」は、最小限までボタンを小さくして無駄なスペースを省くことで、シンプルかつスマートなデザインを実現している。シンプルな作りと聞くと、キーを叩くときの使用感を心配する人もいるかもしれないが、「Keys-To-Go」のキーは従来の製品と変わらない仕様。薄さはわずか6ミリで持ち運びに便利な上、Bluetooth対応なので、外出時でもコードの接続を気にすることなく使用できる。

「Keys-To-Go」の最大の特徴は、何といっても丈夫な耐水設計。あなたの同僚にも、コーヒーなどの飲み物をよくデスクでこぼしてしまう人がいると思うが、「Keys-To-Go」であれば、それらの液体をこぼしてしまっても壊れる心配がないので、ぜひ勧めてあげてほしい。

それに加え、「Keys-To-Go」は耐塵性も兼ね備えている。ユーザーは、ホコリなどによってキーボードを壊す心配もいらない。つまり、外出時でも気軽に使用できるので、訪問先や移動中などさまざまな場面で使い倒すことができる。

同製品は、8,000円(税抜)でwebサイトから購入できる。タブレットを使って仕事をするシーンが増える昨今、ビジネスマンのパフォーマンスアップを約束してくれるアイテムといえそうだ。

参考情報(外部サイト)

Logicool/Keys-To-Go

関連記事リンク(外部サイト)

もし盗難に遭っても”位置情報”を特定できる「スマートスーツケース」
ボタン1つですぐ対応! Amazonが始めた「おもてなし」サービスとは?
子供の視線釘づけ! ARや実写動画搭載の『学研の図艦LIVE』

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。