ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

開業100周年 東京駅の役立ち情報を写真や図版で解説する本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『東京駅「100年のナゾ」を歩く 図で愉しむ「迷宮」の魅力』田村圭介/中公新書ラクレ/840円+税

 迷いがちな東京駅も「川田十」と覚えれば簡単、東京駅は監獄だった!? 八重洲口は下町っ子のための勝手口、銀の鈴よりわかりやすい待ち合わせ場所……。開業100年となった東京駅の歴史からお役立ち情報まで、カラー写真や図版を多用しながら解説。

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
生まれ変わった東京駅 1000種類以上の“お弁当売り場”登場
東京駅を原型に戻す復原工事で駅舎内の延べ床面積は2倍超に
開業100周年迎える東京駅 国家の威信をかけた首都の玄関口

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。