ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリーン・バンディット「ラザー・ビー(feat.ジェス・グリン)」が日本国内&全世界で楽曲検索年間1位獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クラシックとダンス・ミュージックを独自のスタイルで融合させた、イギリス出身の注目新人エレクトロ・ユニット、クリーン・バンディット。現在来日中の彼らの代表曲「ラザー・ビー(feat.ジェス・グリン)」が、全世界だけでなく日本国内においても「2014年、最もShazam(シャザム)された楽曲」第1位に輝いたことが明らかとなった。

Shazam(シャザム)とは、音楽をスマートファンに数秒間かざすだけで、楽曲名/アーティスト名を教えてくれるアプリ。2014年の時点で累計5億ダウンロードを突破し、日本国内でも「Google Play ベスト オブ 2014」のアプリ部門に選出された、いま最も注目のアプリの1つだ。アプリ内でiTunesをプレビューして楽曲を購入したり、見つけた楽曲をFacebookやTwitterで共有したりと、その手軽さも人気を呼んでおり、リアルタイムトップチャートでは、日本各地/世界各国で、今どの曲がShazam(シャザム)で検索されているか調べることもできる。

クリーン・バンディットの「ラザー・ビー(feat.ジェス・グリン)」は、2014年1月にリリースされ、当時ほぼ無名の新人ながら、全英シングル・チャートにおいて初登場から4週連続で1位を獲得。ヨーロッパ各国やオーストラリアのチャートを席巻し、夏には米Billboardシングル・チャートでTOP10にランクイン。第57回グラミー賞では「最優秀ダンス・レコーディング」にノミネートされ、世界中で大ヒットを記録している。また、築地や渋谷で撮影された日本が舞台のミュージック・ビデオも、公開されるやいなや大きな話題を呼び、YouTubeの再生回数はすでに2億回を突破した。日本でも、朝の情報番組やSNS/まとめサイトなどオンラインを通じて口コミが広まり、そのキャッチーな楽曲の人気も相成って、年間を通じてチャート上位にランクイン。デビュー・アルバム「ニュー・アイズ」は、海外新人アーティストのデビュー作にして、いきなり日本のiTunes総合アルバム・ランキングで1位獲得という快挙を成し遂げた。

クリーン・バンディットは、2015年1月4日に幕張メッセで開催された国内最大級のEDM系フェスelectroxに出演し、約3000人の観衆の前でパフォーマンスを披露。1月6日には完全ソールドアウトの東京 恵比寿リキッドルームにて、初の単独公演を開催した。また、朝の情報番組での「ラザー・ビー(feat.ジェス・グリン)」生パフォーマンスも大きな反響を呼び、iTunes Storeやamazonのチャートではデビュー・アルバム「ニュー・アイズ」が急上昇している。

クリーン・バンディットは、来日を記念して2015年1月1日にアルバム「ニュー・アイズ(最強盤)」をリリース。昨年リリースされたデビュー・アルバムに、新曲「リアル・ラヴ(feat.ジェス・グリン)」や「ショウ・ミー・ラヴ」など6曲を追加収録した豪華な内容となっている。

クリーン・バンディット 初の来日公演 PHOTO by TEPPEI KISHIDA
クリーン・バンディット スペシャルサイト
http://wmg.jp/cleanbandit/

Shazam公式サイト
http://www.shazam.com/

「ラザー・ビー(feat.ジェス・グリン)」ミュージック・ビデオ(日本語字幕付き)

関連リンク

クリーン・バンディット レーベルサイトhttp://wmg.jp/artist/cleanbandit/
クリーン・バンディット オフィシャルサイトhttp://cleanbandit.co.uk/
クリーン・バンディット Facebookhttps://www.facebook.com/cleanbandit
クリーン・バンディット Twitterhttps://twitter.com/cleanbandit
クリーン・バンディット SoundCloudhttps://soundcloud.com/cleanbandit

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP