ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダニー・ブラウン、“黒人女子の自尊心”テーマの児童書執筆へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デトロイト出身のラッパー、ダニー・ブラウンが、マドンナやブルース・スプリングスティーン、キース・リチャーズなどが辿ってきた道と同様に、子ども向け書籍の執筆を手掛けることが明らかになった。

 オーストラリアのラジオ局“triple j”でこのニュースを明らかにしたブラウンは、同書について、絵本作家ドクター・スースの韻を踏んだ構成と、13歳の娘の成長を観察した経験をもとに描くと説明。「これは自分の娘のためのものなんだ……もう完成させないといけないんだけど、本物のドクター・スースっぽくしたくてね。『The Grinch』、『Green Eggs And Ham』、『One Fish, Two Fish』みたいに」と語っている。

 ブラウンはさらに、「完成させるまでに果てしない時間がかかる。俺が思うにこれは、黒人の女の子の自尊心についての話だ。黒人女性がよく、髪に手を加えたり瞳の色を変えるのを知っているだろ? それらを全部やって自身を変え、元の自分よりも良いと認識する女の子の話なんだ」と続ける。

 この黒人少女の自尊心をテーマにしたドクター・スース風の児童書は、ダニー・ブラウンの中から生み出されているのだが、今年中に出版されることを祈るばかりだ。

 また、「それはたぶんアルバムにもくっつけると思うよ」と話したブラウン。2013年のアルバム『Old』に続く作品に着手したことも明かしており、先日はジ・アルケミストとのレコーディングのためロサンゼルスで一週間過ごしたという。

関連記事リンク(外部サイト)

映画『テッド2』場面写真が遂に解禁!その姿はまるで“あまちゃん”…?
心地好い“一撃”。新しい年に自らの魂をさらけ出して聴くオルタナティヴ・ソウル・ディーヴァ、メイシー・グレイの歌声。
ザ・プロディジー “夜の帝王”が約6年ぶりのスタジオ・アルバムを4月にリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP