ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】10万DL突破!大人気生活改善アプリ「ライフタイマー」の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いよいよ、2015年。正月休みの後遺症から、なかなか抜け切れない人も多いのでは?しかし、1年の計は元旦にあり。確たる目標を立てて、前進するなら今である。

一昔前であれば、書初めやダルマに年頭の抱負を捧げたものだが、今はIT時代。そうしたニーズに対応するサービスも、きちんと用意されているので、利用しない手はない。

今回ご紹介する「ライフタイマー」も、その1つ。1日のスケジュールを正確に把握・管理する、生活改善型タイマーアプリとしてリリース。以来、着々と愛用者を増やし、昨年末には、とうとう10万ダウンロードを突破。その勢いは、まだまだ止まりそうにもない。

数あるタイマーアプリの中で、これだけ評価された秘訣はどこにあるのだろうか。開発を手がけたピクルスのクリエイティブ・ディレクター、タナカ ミノル氏に、お話を伺った。

目標達成までの残り時間を通知!SNSで仲間との共有もOK

Q1、まずは、「ライフタイマー」開発のきっかけについて、教えてください。

6年程前に、「寿命タイマー」のwebコンテンツを作成していたのですが、何か足りない気がしたので、公開せずにそのまま寝かせていました。

その後、社内で新規アプリを開発することになったときに、寿命タイマーのアイデアを上手く生かせないかと思い、現在の形にリファインし、公開したのです。

リファインのヒントになったのは、社内のタイムマネジメントです。弊社では、その日のtodoを共有しているのですが、「プレゼン資料の作成(90」というように、タスク内容の後に「(◯◯」とそのタスクの時間を記載し、各タスクを時間内に行うよう、デスクトップタイマーを利用して、残り時間を意識しながら作業するようにしています。

最初は時間通りに達成できないのですが、やっている内に時間内でタスクを完了できるようになります。このことから「時間を意識すれば、人は成長できる」のではないかと思い、そこをベースに現在の形にしていきました。

Q2、「ライフタイマー」とは、どんなアプリなのでしょうか。

例えば、「朝活で英語の勉強をする」という項目を平日の毎朝7時に設定すれば、その時間までカウントダウンしてくれます。

また、その30分前となる6時30分に、毎朝プッシュ通知でお知らせもしてくれます。

他にも楽しみな出来事として、「2月11日にでんぱ組.Incのライブ」と設定すれば、カウントダウンを見ながら、そのために日々頑張れますし、Twitterやfacebookでのタイマー共有機能もあるので、同好の友人と一緒に、ワクワク感を共有することもできます。

人は普段、色々なことをこなしていくのに、残り時間を明確に意識はしていないものです。けれど、大小問わずどんな目標でも最初の1歩は、「達成するまでの残り時間を明確に意識する」ことではないでしょうか。

残り時間を意識すれば、タスクをきちんと整理し、それぞれをこなしていくことに集中できるので、目標が達成しやすくなります。ライフタイマーは、その最初の1歩をサポートするアプリです。

徹底した機能集約とシンプルさで学生からも大人気

Q3、10万ダウンロードという、素晴らしい数字を達成されたわけですが、この反響について、どう思われますか。

多くの方に利用していただき、大変うれしく思っております。

当初はビジネスマン向けと考えていたのですが、利用者を調べてみると学生さんが多く、彼らの意識の高さに驚きました。

少子化で日本の未来は不安感満載だったのですが、日本の学生さんって、僕が思っているより、みんなすごいんじゃないかな、と思っています。(中略)

Q4、今後の展望と、ユーザーへのメッセージをお願いします。

UIや機能を、シンプルな方向にアップデートしたいと考えています。それとApple Watch版の開発を進めています。誰もが喜んでもらえるものになりそうなので、ご期待ください!

これからもアップデートを続けていきますので、応援、よろしくお願い致します!

ライフタイマー

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP