ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎朝塩水で腸内を洗浄 セレブも実践「レモネードダイエット」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ウェブサイト『オレンジページnet』がモニター会員1370名を対象に行ったインターネット調査(2014年1月発表)によると、全体の75.3%もの人が正月太りを経験。体重は平均で約2.2kg増えたという。

 ただし、短期間で増えた体重は早めに対処すればすぐに解消できる。ダイエット・トレーナーの小山圭介さんは次のように話す。

「正月太りの正体のひとつがむくみです。普段より運動しないなかで食べてばかりいて代謝が悪くなっているんです。個人差はありますが、食べすぎてから2週間程度で脂肪として定着してしまうことが多いです。その前に対処すればすぐに元に戻ります」(小山さん)

 小山さん、そしてビューティアドバイザーの土井千春さんがすすめる、短気集中のダイエット法を早速見ていこう。

 土井さんがすすめるのは海外セレブの間で人気の高い「レモネードダイエット」。ビヨンセ(33才)が10日で9kg減ったとして注目を浴び、アンジェリーナ・ジョリー(39才)もお気に入りのダイエット法として取り入れている。

「別名『マスタークレンジングダイエット』と呼ばれ、ファスティング(断食)の一種です。断食系のダイエットのなかではいちばんリバウンド率が少ないといわれており、人気に火がつきました」(土井さん)

 食事の代わりに特製のレモネードを飲むというシンプルな方法。まずは「ソルトウオーターバッシング」と呼ばれる腸内洗浄からスタートする。

「腸の中には体全体の約75%の毒素がたまっているといわれています。腸内が汚れていると消化が悪くなり、食べたものが通常より長い間腸内にとどまるため、本来排出されるべき余分な栄養素まで吸収されてしまうばかりか、代謝が下がってしまい、ダイエットの妨げとなります。まずは胃や腸内をきれいにすることが必要です」(土井さん)

 朝起きて、ミネラルウオーター1リットルに天然塩を小さじ2杯加え、血液と同じ濃度にした塩水を飲む。一度に1リットルがつらい人は500ミリリットルずつ2回に分けて飲んでもよい。

「体液と同じ濃度にすることで、内臓への負担が少なく体内を一気に流れていき、胃や腸の中のものが塩水とともに便として流れていくのです」(土井さん)

 飲んでから約1時間後、水のような便が出てくる。これを毎朝続ける。そして、ソルトウオーターバッシングを終えた後に、特製レモネードを飲む。

「レモネードはレモンの絞り汁と水、メープルシロップに粉唐辛子で作ります。レモンはビタミンCのみならず、ビタミンBやカルシウム、マグネシウムなど体に必要な栄養素がバランスよく含まれています。レモンに含まれるクエン酸は血液をきれいにするといわれ、ペクチンが腸の動きを活発にするため、デトックス作用がある。やせやすい体になる手助けをしてくれます」(土井さん)

 甘味料としてメープルシロップを使用するのもポイント。

「食事をしていなくても、ビタミンやミネラルなどをバランスよく補給できれば、満腹中枢が満たされます。メープルシロップはナトリウム、カリウムなど自然のミネラル分が豊富に含まれています。カルシウムはハチミツの37倍もあるといわれており、同量の砂糖に比べて100gあたり100kcalも低いので、ダイエット中も安心です」(土井さん)

 カリウムには利尿作用があり、むくみ解消に効果的だ。

「そこに粉唐辛子を少量加えることで、カプサイシンの働きで発汗作用も促され、腸の動きがさらに活発になります」(土井さん)

 この特製レモネードを、1回約300ミリリットル、1日6~12杯を目安に空腹時に飲む。

 3日目の夜は回復食として野菜スープを、4日目の朝はオレンジジュースを飲んで、夜はおかゆなど消化のよいもので体を慣らし、5日で通常食に戻していく。

「本格的にやるなら10日間ほど続けるのがベストですが、3日間だけでも体重を2~3kg減らすことができます」(土井さん)

 実際、本誌記者も試してみたが、メープルシロップの甘みで不思議とおなかは減らず、3日間でトータル1.4kg減。体調がよく、目覚めがスッキリし、なおかつ腸内がきれいになっている実感もあった。正月だけでなく、デトックスしたいときに定期的に取り入れたい。

■レモネードレシピ
【1】レモン1/2個を絞り、大さじ2杯のレモン汁をミネラルウオーターに混ぜる。「自宅に在庫がないときなどは市販のレモン果汁でも構いませんが、できるだけ絞りたてを使用しましょう」(土井さん)。

【2】メープルシロップ大さじ2杯を【1】に入れる。メープルシロップは100%天然のカナダ産を選びたい。「色が濃いものほど栄養価が高いため、できるだけ色が濃いものを使用してください」(土井さん)。

【3】唐辛子をお好みで【2】に少々加える。「唐辛子の入っているものなら何でもOK。一味唐辛子やカイエンペッパーなどがあります」(土井さん)

※女性セブン2015年1月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
山田花子が6.6kgやせた「ホットヨーグルトダイエット」
22歳雑誌モデルの産後ダイエット 10か月で26キロ落した方法
バナナダイエット 5kg減量してCカップ→Eカップの例も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP