ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ウチの店の前で騒ぐな、邪魔なんだよ!」 居酒屋の「販促」を毛嫌いする薬局のおじさん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外食チェーンで働いていると、ビルのテナントに入っている店舗が職場になることがあります。そういうビルには飲食店に限らず色々な店が入っていますし、同じテナント同士でも本当にさまざまな人が働いています。

そういう店舗では、自分の店の同僚やお客様以外に、他のお店との近所付き合いも大切になります。ときには相性の悪い人に当たってしまって、トラブルに発展することも少なくありません。(文:ナイン)
中尾彬さん似のダンディな顔で「恫喝」

私が以前勤めていた店舗はビルの2階にあり、1階に薬局がありました。この薬局のおじさんが接しにくい人で、本当に閉口したことがありました。

多くの飲食店では、店の近くに従業員が立って通行人に割引券などを配る「販促」を行います。それによってお客様の入りが変わる大事な仕事なのですが、薬局のおじさんは、この販促に敏感に反応するのです。

店が2階なので、ビルの前の通りに降りて販促をすることになります。居酒屋ですから元気に「いらっしゃいませ!」「あっお兄さんたち! ビール一杯飲んでいきませんか?」という感じで声を掛けるのですが…。

すると5分もしないうちに、背後から恫喝するような声が響きました。振り返ると年は60歳前後、顔は俳優の中尾彬さん似のダンディな薬局のおじさんです。その表情は硬く、明らかに私を威圧しています。

「おい! お前ここでなにやってんだよ?! さっきからうるさいんだよ! お前! 誰に許可とってやってんだよ?! えぇ?!」

もちろん販促の件は、ビルの管理人さんにも許可を取っています。私が不意をつかれて答えられずにいると、「店長か。あいつ、何回言ったら分かるんだよ!」と吐き捨てるように言い放ち、2階へと上がっていきます。
店長は反論「ここでやりたいなら、いいですよ」

私はすぐに店長に無線でこのことを報告しましたが、おじさんは「おい! 店長いるか?!」と店に怒鳴りこみました。

「お前の店の奴が、ウチの店の前で騒いでんだよ! これじゃ、うちの店にお客さんが入って来れないだろ? 何回言ったら分かるんだよ! 邪魔なんだよ!!」

私はそのとき、薬局の目の前で販促を行っていたわけではありません。距離にして20メートルほど離れたところにいましたし、薬局の営業に悪影響があるとは思えませんでした。

しかしおじさんは、「お前の店もここで客引きされたら迷惑だろ!」と店の入り口を指差します。するとウチの店長は、おじさんの高圧的な態度に苛立ったのか、

「あぁ、別にここでやりたいなら、いいですよ。はいじゃあ、どうぞどうぞ!」

とあからさまに喧嘩腰の言い方をしたので、おじさんの表情も一気に強張りました。しかし他のお客様の目もありますし、何といっても店の入り口です。私はとりあえず薬局のおじさんに平謝りし、なんとかその場を納めました。
「あいつらのせい」と妄想を刺激したのか

店長によると、おじさんはウチの店や同じビルの他の飲食店だけでなく、他のビルの店とも同じような揉めごとを起こしているのだとか。ビルの管理人さんが仲裁して話し合いの場を持とうとしたものの、それにも応じないのだそうです。

まあ、閑古鳥の鳴く店の外から賑やかな声が聞こえてくれば、「自分の薬局に客が入らないのはあいつらのせいだ!」という妄想が刺激されるのかもしれません。結局この件は、トラブル回避のために「薬局が開店している間は販促には出ない」ということに決めました。

あわせてよみたい:新年早々「自爆営業」を強いられていませんか?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP