ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『イントゥ・ザ・ウッズ』でシンデレラ&ラプンツェルがキャラ変? アニメ版との比較ビジュアルもチェック

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


大人のための“アフター・ハッピーエンド”ミュージカルと銘打たれた、ディズニーの最新ミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッズ』(2015年3月14日公開)。本作に登場する2人のプリンセス、アナ・ケンドリック演じるシンデレラとマッケンジー・マウジー演じるラプンツェルのキャラクターは、それぞれアニメ版とは一味違う模様。徐々にその詳細が明らかとなってきました。


『シンデレラ』は、継母とその2人の娘にメイドとしてこき使われながらも、“いつか幸せになれる”と信じて働く中でハンサムな王子様と恋に落ち、プリンセスとして城に迎えられるというストーリー。女性なら一度は憧れる「めでたし、めでたし」のハッピーエンドを迎えるということは、みなさんご存知でしょう。

……しかし、アナ・ケンドリックは本作のシンデレラについて「私のシンデレラは人々がよく知るシンデレラのように完璧じゃないの。もちろん舞踏会にも行くし王子と恋に落ちてプリンセスにもなるわ。でも、王子と一緒になった後の出来事で彼女は本当の自分と向き合い自分の間違いを認めるようになるのよ」と、誰もが想像するような典型的なシンデレラよりも現代的で複雑な存在として描かれていることを明かしています。


また、『塔の上のラプンツェル』は、森の奥にある高い塔の中で暮らしていたラプンツェルが、ある日、塔に入った泥棒フリンと出会い、憧れていた外の世界へと踏み出すストーリー。実は王国のプリンセスであることが分かったラプンツェルが、危険な冒険の末に結婚して幸せになるまでの物語を描いています。

一方、本作のラプンツェルについてマッケンジー・マウジーは「私のラプンツェルは意を決して(母に)自分の意見を言わなければならないの。自分自身の強さや信念を見出さなければならない立場ね」と、自分の意志で親に歯向かう強いラプンツェルが描かれていることを説明。さらに、本作を象徴するような「願い事はかなう。でもタダではないけれど」というセリフが最も好きだと語ります。

心なしか、チャームポイントのロングヘアからサラサラ感も失われている気が……というのはさておき、このほかにも、『赤ずきん』や『ジャックと豆の木』などの登場人物たちが夢の共演を果たす本作。彼らのキャラクターもどのように変化を遂げているのか、想像を膨らませつつ公開を待ちましょう。

関連作品紹介

シンデレラ ダイヤモンド・コレクション MovieNEX
価格:4000円(税抜き)
発売日:2015年3月18日(水)発売

塔の上のラプンツェル MovieNEX
価格:4000円(税抜き)
発売日:発売中

『イントゥ・ザ・ウッズ』公式サイト:
http://www.disney.co.jp/movie/woods.html

(c) 2015 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP