ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

主題歌『青春賦』も初解禁 “ももクロ節”全開の主演映画『幕が上がる』予告編が公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2月28日(土)より公開となる、ももいろクローバーZの主演映画『幕が上がる』。5月より、ももクロ主演で同作の舞台も上演されることが発表されて話題となっている本作ですが、本日、その予告映像が解禁。ももクロが歌う主題歌『青春賦』もいち早く聴くことができます。

ももクロのメンバー演じる高校の弱小演劇部が、元学生演劇の女王・吉岡先生(黒木華)と出会ったことをきっかけに、全国大会に向けて奮闘する姿を描く本作。予告編は、夢か現実か……、まさに鬼の形相の吉岡先生からド迫力の演技指導を受ける部員たちの苦難の姿で幕をあけます。

希望と不安を抱える高校生を主人公とし、誰もが経験する葛藤を物語る本作には、主題歌『青春賦』の爽快なメロディがみごとマッチ。演劇部を引っ張る部長のさおり(百田夏菜子)、看板女優のユッコ(玉井詩織)、部内のムードメーカー・がるる(高城れに)、演劇強豪校からの転入生・中西さん(有安杏果)、さおりを慕うしっかりものの後輩部員・明美ちゃん(佐々木彩夏)が、それぞれ悩みや困難に立ち向かって成長していく姿は、ももクロが歩んできたこれまでの道のりと重なるように感じます。

「多くの観客のみなさんは、ももクロメンバーの演技力に驚くことでしょう。彼女たちは役者として驚異的な成長を遂げました。進化するアイドルが、もう一つ新しいステップに踏み込んだのです」と語るのは、原作を手掛けた日本が誇る劇作家・平田オリザ氏。『桐島、部活やめるってよ』の喜安浩平氏が脚本を務め、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督を迎えた豪華な製作陣にも注目が集まる本作は、進化が止まらない彼女たちの“今”を切り取った唯一無二の青春映画となりそうです。

主題歌『青春賦』も初披露!ももクロ主演映画『幕が上がる』予告編 (YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=kVGhh4xG1m8

映画『幕が上がる』公式サイト:
http://www.makuga-agaru.jp/

(C)2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP