ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米カリフォルニア発、美麗なニットバッグブランド「サラ・オリバー」登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

伝統的技法を使用した、平均年齢88歳が製作する美しいバッグ。米カリフォルニア発のニットバッグブランド「Sarah Oliver(サラ・オリバー)」の商品が、ブライダルブランド「ハツコ エンドウ」より登場した。

米カリフォルニア州ミルバレーの由緒ある編み物職人によって、ハンドメイドで1点1点つくられている、サラ・オリバーのバッグ。

幼いころからニットに囲まれ、伝統的な編み物技術を習得したサラが、気まぐれで家族や友人へのプレゼントとして製作していた。その技術とスタイリッシュなデザインが評判となり、熟練した編み物技術を持つメンバーを募集して設立されたのが、ニッターサークル「レッドウッド」。伝統の継承とファッションの両立を兼ね、現在は平均年齢88歳のレッドウッドメンバーたちが、サラのデザインしたバッグを愛情込めて製作している。

高度な手編み技術でつくられるバッグは、上質なウール製であたたかみがあり、組み合わせでアンティーク風のブローチや持ち手の部分がコーディネートできる。細かいディテールにまでこだわってつくられている。

取り扱いショップは、ハツコ エンドウ ウェディングス銀座店およびス・ジュール・ラ。価格は2万9000円(税抜)~。

いつも側に置いておきたくなるような、まさに手作りのバッグにきっと魅せられるはず!ハツコエンドウはこちら(http://www.hatsuko-endo.co.jp/)。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。