ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神社の「お賽銭」1年で数億円も!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさん、お正月に初詣は済ませただろうか? 初詣といえば欠かせないのがお賽銭。もちろん初詣のみならず、寺社に参拝すればお賽銭は投げ入れるもの。寺社の“集客力”にもよるだろうが、1年トータルでいくらくらい集まるのか? バチ当たりな興味で恐縮だが、初詣参拝者ランキング上位の寺社に尋ねてみると…。

【画像や図表を見る】

「お賽銭に関する取材は一切受け付けておりません」(明治神宮)
「金額をお答えすることはできません」(成田山新勝寺)

他の寺社も、「お賽銭は参拝者からお気持ちをいただくもの。それを金額に換算することはできない」など、具体的な回答はもらえなかった。大きな寺社は残念ながら公表してくれないようだ。

では、小さな神社ならば…と、京都のとある神社で働く神主さんに取材を申し込むと、匿名を条件に回答してくれた。

「お賽銭の額は神社の規模によってピンキリ。初詣でだけで300万人も集める神社ならば、年数億円はあるでしょう。一方で、常駐する神主もいない小さな神社では、年間数十万円程度というところも多い。ウチは古都・京都にあるおかげか、3000万円近くはいただいていると思います」

では、この集まったお賽銭は、どのように使われているのだろうか。全国の神社の元締め・神社本庁に聞いてみた。

「寄付やお札・お守りの売り上げ、祈祷料などとあわせて、建物の修繕費や布教などの宗教活動に使われています。特定の使い道を決めているのではなく、全体の中でやりくりしているところが多いようですね」

なお、これらは“特定収入”と呼ばれ、課税の対象外。ただ、それでも神社の経営は楽ではないらしい。前出の神主は言う。

「1年で一番参拝客が来る正月は稼ぎ時だと思われますが、巫女さんのバイト代もばかにならず、それほどプラスにはなりません。さらに施設の保守・修繕などにお金がかかる。ほとんどの神社がギリギリの経営だと思います。お寺のように、檀家制度やお葬式などの安定収入があるわけでもないですからね。観光都市・京都にあるウチなんて、まだいい方ですよ」

広い敷地を持つ神社は、駐車場や結婚式場を経営するなどして収益をあげているというが、小規模なところはそれも難しく、“倒産寸前”の神社も多いようだ。これから初詣に出かける人は、自分のお願いごとばかりではなく、例年よりちょっと多めのお賽銭を投げ入れてみる?
(R25編集部)

神社の「お賽銭」1年で数億円も!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

元祖おみくじは大吉17%凶30%
神社の祭神「ご利益」の秘密とは?
神社本庁に聞く「初詣」7つの疑問
ユニークなおみくじが引きたい
初詣が楽しくなるユニーク神社

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP