ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2015 : MHLコンソーシアム、最大8K@120fpsでの映像転送をサポートした「SuperMHL」規格を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MHL コンソーシアムが現在米国・ラスベガスで開催中の CES 2015 イベントで、映像を最大 8K @ 120fps で転送できる「SuperMHL」という新たな映像転送規格を発表しました。スマートフォンやタブレットの USB コネクタ経由で映像を HDMI 転送できる MHL(Mobile High-Definition Link)は、これまでは MHL 3.0 規格で最大 4K(3,840 × 2,160 ピクセル)@ 30fps までをサポートしていましたが、SuperMHL になって最大 8K(7,680 x 4,320 ピクセル)@ 120fps での転送に対応しました。SuperMHL では、従来の MHL ケーブルを利用すると最大 4K @ 60fps までの解像度で転送できますが、新たに発表された SuperMHL 専用の 32 ピンコネクタを利用すると8K 出力が可能になります。SuperMHL コネクタでは解像度の向上だけではなく、最大 48bit の色深度もサポート。このほか、ハイライトとシャドウの調整するために HDR 機能もサポートされています。MHL 3.0 では 10W だった電力供給量は SuperMHLになって 最大 40W に向上。このほか、Dolby Atmos や DTS-UHD などの 3D オーディオやオーディオのみの出力も可能になりました。Source : MHLコンソーシアム


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Galaxy S III α SC-03F」のソフトウェアアップデートを開始、YouTube動画を再生できない問題に対処
CES 2015 : BlackBerry、近く「BBM for Android」をAndroid Wearに対応させる予定
CES 2015 : MediaTek、Android Wearをサポートしたウェアラブルデバイス向けの新SoC「MT2601」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP