ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横浜でしか食べられない!? 美味しい「鍋料理」が食べられるお店を教えて!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

横浜のココがキニナル!

お鍋の美味しい時季になりましたね。横浜で美味しいお鍋や変わったお鍋を食べられるお店の取材をおねがいします。(ほっけさんのキニナル)

はまれぽ調査結果味良し、そして横浜でここでしか味わえない鍋。野毛「友楽」の焼鍋(横浜鍋)と、山下町「おさ亭」オリジナルの鴨鍋「鴨鉄」を紹介。

お鍋の美味しい季節です。昨今、数多の鍋が考案され流行していろいろありますが、横浜でここでしか味わえない希有な味、そんな鍋をご紹介します。
まずは野毛の「横浜鍋」と、うたう鍋から。

豚を焼いてしゃぶしゃぶして何度も美味しい「友楽」の焼鍋

野毛小路の小脇、秋のグルメで訪れた大黒屋の近くにある「友楽」さんへ。


お腹すいてます

おじゃまします。下調べによると、焼肉と鍋が合わさったような鍋。そのうえ、しゃぶしゃぶもできてしまうという複合技な鍋ということ。打ってよし、組んでよし、寝てよし、な総合格闘家のようです。


店内は個室もあり

開店は1999年(平成11)年。3年前にオーナーが変わり店内も改装。名物の焼鍋「横浜鍋」は創業から続く友楽の看板メニュー。特注の鍋は大阪のとある業者から仕入れているそうで、日本全国でも5店舗にしか卸していないそう。仕入れ先の方が言うには横浜ではここだけ、ということもあり「横浜鍋」とネーミング。

上質な豚肉を美味しく味わっていただくよう、さまざまな手法と調理を施す店、友楽。


さて、これはなんでしょう

 
オーナーにお店を任されている斉藤さんというスタッフの男性に焼鍋の説明をしていただく。

特注の鍋を使い、その中央の部分で肉を焼く。その中央を囲むようにまわりは大きな溝になっていて、そこにスープを注ぎたくさんの野菜をはじめとした具材を煮ていただく鍋とのこと。その、スープの入った鍋部分で肉をしゃぶしゃぶして食べたりもできるという。注文は2人前から。


さきほどのこれ、正解はイベリコベジョータのカルパッチョ

価格は1500円。イベリコ豚の高級位ベジョータの肩ロースを生で、カルパッチョでいただく。味付けは塩コショウとオリーブオイル。お好みでレモンとワサビをつけてみたり。斉藤さんいわくこのカルパッチョもここでしか味わえない一品だとか。


時が止まるような美味さと甘さ。贅沢な味わいです


焼鍋のセッティングが始まりました


鍋部分にスープが注がれて、いよいよです

斉藤さん、マッチョでナイスガイで気配りのあるいい男です。そんなふうに感心していると焼鍋の主役が登場。


でました

焼鍋はイベリコ豚で一人前2880円という価格(写真はイベリコ豚2人前)。国産黒豚は一人前2380円。それでは焼鍋、はじめましょう。


こういうかんじです


まずは焼きからいただきます

ゴマ油のきいた友楽特製ダレは、甘みとコクの強い濃厚味。やわらかく、脂の甘いイベリコ豚に濃い味のタレでガツンと美味いイベリコ豚焼肉。焼くことによってイベリコ豚の旨み脂が鍋に落ちてスープにコクが増していくという仕組み。


肉の旨みがとけこんだスープで煮た野菜をいただく

スープは「とんこつ」と「ピリ辛薬膳」の2種から選ぶ。今回いただくのはピリ辛薬膳のスープで、ほんのりと薬膳が香るピリ辛は体があたたまる。野菜がコクのあるスープを吸って美味い、美味い。葛きりはいいコシをしてコクのあるスープと相性良し。美味い美味い、これはとまらない。


焼きのあとは鍋でしゃぶしゃぶ


しっかり火を通した方が美味しいとのこと

焼きと違い肉の旨みと食べごたえがグッと広がるしゃぶしゃぶ。煮立ってコクの増したスープをまとった豚さん。これはいくらでもはいりそう。
食べ方はいろいろ、好きなように試しながらいただくのも焼鍋の醍醐味だという。

とても美味でした。ごちそうさまでした。

続いては、山下町で出会った会心の一鍋です。

日本で探してもここだけ。山下町「おさ亭」の鴨鉄

「これは、やられた。いや、見つけた」というのが食べた感想でした。「鴨鉄」、出会えて幸せでした。


みなとみらい線元町・中華街駅から歩いて2分ほどの路地にひっそり佇む「おさ亭」

2003(平成15)年にオープン。街の裏通りにこだわり、3年前からは鴨鍋の専門店としてその味にこだわる名店「おさ亭」。店を訪れるお客さんは皆さん、おさ亭のオリジナル鴨鍋「鴨鉄」をいただきに山下町の裏路地にやってくる。


おさ亭の店主、小澤さんにお話を伺う

「鴨の脂、その味をどう生かせるかというところからはじまりました」と、おさ亭の看板鍋「鴨鉄」の全容のお話が始まる。鉄の鍋でまず、じっくり弱火で20分、鴨の脂身をじりじり焼く。鴨の脂が出きったところで脂の出ガラを取り出し、まずは野菜をそこで焼いていただく。鴨の脂で野菜を焼くのが鴨鉄のイントロ。


その斬新な発想については

「そこまで大がかりなものでもなくて、鴨の味をどうやって美味しくいただくかを考えていろいろ試した結果、今のカタチになりましたが、これが・・・美味しいカタチになってくれまして(笑)」


「たぶん日本でもここでしかないと思います」

新しい発想や創作に、その主が威張っているとどうも萎える。その類がまったく感じられない力の入っていない風情に、さらに期待がふくらむ
注文は2人前から。今回も2人前で出していただいた。


鴨鉄はじまります


まずは鴨の脂身を焼く

ネギの青みとショウガと一緒に脂身を弱火でじっくり20分、よく焼いて脂をしっかりと出す。時折、こげないように箸で動かしながらじっくりと焼く。


じっくり焼く


焼きが終わるまでの間、こちらをいただく

小松菜とキノコのおひたし(500円)。カニのほぐし身がのる。さっぱり上品なダシのおひたし。ほのかに柚子が香る。美味い。


脂が焼けてきました


ここで春菊と椎茸が運ばれてくる

脂身の出ガラを取り出し、塩をかけておつまみとしていただくのも良いとのこと。
鴨の脂がでた鉄鍋に春菊と椎茸。脂で2種の野菜を焼いていただく。


さっと火を通して


たっぷりの大根おろしと合わせ醤油でいただく

これがとてつもなく美味い。春菊の香りと青み、鴨の脂のコクが見事な相性。それを合わせ醤油とたっぷりの大根おろしがさっぱりとしめる。口の中でさまざまな旨みが混ざり合い、最後はさっぱりと美味い。美味い。顔がほころんでくる。椎茸は春菊よりも脂を吸い、濃厚な鴨の脂のコクを楽しめる。


野菜を楽しんだ後は鴨ガラと昆布からとったスープを注ぎ


鴨肉のしゃぶしゃぶと


鴨のつくねに水菜とえのきを鍋でいただく

ここまでのセットでお値段は1人前2800円。契約有機農場で育てた鴨、しゃぶしゃぶでさっとコクのあるスープで火を通していただきます。


では


では

適度な身のしまりと噛むとほどける旨みとコク。やはり、このおろし醤油がうまさを引き立てる。こんなに美味い鴨の食べ方は初めて。何枚でもいきたくなる至福の味わい。


鴨の脂のコクがでたスープで煮たつくねと野菜は文句なしの絶品


最高です


シメはスープで「棒ラーメン(別料金、330円)」をさっと煮て


鴨ダシラーメン

体中が「美味い」と言いました。おさ亭の鴨鉄、最高です。

取材を終えて

取材を終えて思いました。36歳独身の冬に、とてもあたたまる美味しい鍋、早く将来の嫁になる女性を見つけてまた食べに行きたいと。
今回の2つのお店、横浜でここでしか味わえない味はおすすめです。是非一度ご賞味ください。メガネくんも大絶賛でした。

―終わり―

友楽
住所/横浜市中区野毛町2-70
電話/045-262-3101
営業時間/17:00~24:00
定休日/無休

おさ亭
住所/横浜市中区山下町98
電話/045-663-8891
営業時間/17:00~22:30(スープがなくなり次第閉店)
定休日/日曜日(4~10月は月曜も休み)

カテゴリー : グルメ タグ :
はまれぽ.comの記事一覧をみる ▶

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP