ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マネックス証券松本大社長 「お金は使ってこそ価値がある」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今年こそは貯金をしたい!」なんて考えている人も多いかもしれないが、そう簡単にお金は貯まらないもの。そこで、テレビ東京・大江麻理子アナの夫で、マネックス証券社長の松本大さん(51才)に、お金が貯まる秘訣を訊いた。

 * * *
 縁起は大事にしますね。神社には年に1度はご祈祷に行きますし、妻との入籍日もそう。1粒の籾が万倍の穂になる日といわれる縁起のいい『一粒万倍日』でした。

 私のお金に対する思いには2つのきっかけがありました。1つ目は小学校5年生で兄を亡くしたとき。死んだ兄貴の分まで生きてやる──その思いから、常に人の2倍は努力しようとストイックに生きてきました。ゴールドマン・サックス社でも、30才で共同経営者になるまで、がむしゃらに働きました。

 2つ目は、大学3年生のとき。お金がなくて困っていたときに、友人のお母さんが「アメリカへ行ってらっしゃい」と、約30万円の航空券代をポンとくれたんです。お金に対する執着心から解き放たれた瞬間でした。「お金は天下の回り物。使って動かしてこそ価値がある」と。今の会社を創業できたのもその経験があったからなんです。

「貯め方」や「ふやし方」を考える人は多いですが、上手に使える人は意外と少ない。お金は生き物。私はその価値を尊重し、お金が寂しがらないよう“オカネくん”と呼んで大切に使っています。

※女性セブン2015年1月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
アパホテル社長「皆が幸せになるためお金使うので貯金ゼロ」
日本赤十字社 223億円の義捐金の配分には難航を予想
橋田壽賀子 老後資金は子孫ではなく自分のために使えと提案

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。