ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

むくみを招かない酒の飲み方 管理栄養士は日本酒の熱燗推奨

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この年末年始は暦に恵まれ、例年に比べて長い休みを過ごした人も多いだろう。昼間からビールや日本酒を飲み、日がなごちそうに手を伸ばし続けていれば、当然待っているのは正月太り。その真犯人である“むくみ”を解消する方法はないものか。むくみ解消のエキスパートである広田内科クリニックの廣田彰男院長はこういう。

「むくみは下半身にたまりやすいので横になることが基本です。さらに効果的なのは、横になりながら足を10cmほど上げること。これで、足にたまったむくみが取れやすい」

 仕事始めを迎えると、連日の新年会が待ち受け、飲酒の機会は多い。むくみを招かない飲み方はないのだろうか。

「どうしても飲まなければならないのであれば、身体を温めて血流を良くし、代謝をアップさせる日本酒の熱燗がおすすめです。度数が高いのでペースも早くなりにくく、ゆっくり飲める。ポイントは常温の水か白湯をチェイサーにすること。飲み過ぎを防げるうえ食事で摂った塩分の排出にもつながります」(管理栄養士・内野未来氏)

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
正月太り解消 生姜摂取や40度の湯船でのマッサージなど有効
南雲吉則医師提唱の顔のむくみ除去法 朝起きてすぐガムを噛む
食品表示の「ナトリウム量」は塩分量ではない 計算式紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP