ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3人で1070勝の金田、米田、小山 「勝ってる人は故障しない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本プロ野球史上1~3位勝利数の金田正一氏と米田哲也氏、小山正明氏、あわせて1070勝815敗の3人が史上初となる鼎談(ていだん)を開催した。数多くの勝利を手にできたのはなぜなのか、その秘訣を語り合った。

──それでは始めさせていただきます。皆さん300勝以上を挙げましたが……。

金田正一(以下、金田):ちょっと待て。ワシは400勝じゃ。

──ハイ、わかってます。皆さんがここまで勝てた秘訣は何でしょうか。

小山正明(以下、小山):勝っている人は故障していないんだよ。大きな故障はもちろん、今みたいにちょっと投げて、背中が張った、ヒジや肩が痛いというようなことは絶対いわなかった。ねえ、カネさん?

金田:(大きく頷きながら)ワシはプロ20年間で15年間はヒジの痛みに悩まされたが、痛くないように投げる工夫で乗り越えた。今は無理矢理に病名をつけているんだよ。あんなもの故障じゃなくて医者のビジネスじゃ。

米田哲也(以下、米田):僕も大きな故障はなかったですね。入団直後、1度だけヒジを痛めましたが湿布で治りましたわ。

小山:僕だって肩に違和感を覚えることくらいありました。でも入団当時の阪神の投手コーチの御園生(みそのお、崇男)さんに相談すると「投げたら治る」やからね。

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
昨季の田中将大 投手酷使指数ではMLB先発投手の5年分に相当
MLBに広がる噂「日本のタイガースはロクな選手よこさない」
長嶋デビュー戦4三振奪った金田 後に怖い存在になると確信

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP