ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮尾登美子さん逝く あの名セリフ「なめたらいかんぜよ!」に隠された真実とは? 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年末、12月30日に、88歳の生涯を終えていた直木賞作家の宮尾登美子さん。高知で「芸妓娼妓紹介業」を営んでいた生家を描いた『櫂』に始まる、自伝的小説シリーズや、直木賞を受賞した『一絃の琴』、ベストセラーになった『蔵』、大河ドラマの原作になった『天璋院篤姫』など、”過酷な運命に翻弄されつつも信念を貫く女性”を描いてきた宮尾文学には熱烈なファンも多く、たびたび映画・ドラマ化や舞台化もされています。

「なめたらいかんぜよ!」のセリフでおなじみ『鬼龍院花子の生涯』も、宮尾さんの代表作の1つ。五社英雄監督による同作の映画版は、かの夏目雅子さん演じる喪服姿の主人公が「わては高知の侠客、鬼龍院政五郎の、鬼政の娘じゃき、なめたら、なめたらいかんぜよ!」と啖呵を切るシーンで知られ、「なめたら~」は、1982年の流行語にもなりました。

 表題からして、鬼龍院花子の発言と思われがちなこの科白ですが、実は、花子ではなく、もう1人のヒロインである松恵の言葉です。夏目雅子さんが演じているのも松恵で、花子ではありません。物語では、少女の頃に鬼政の養女になった松恵の目線から、”鬼政”こと、極道の親分・鬼龍院政五郎とその娘の数奇な一生を描いているのです。

 ヤクザ稼業を厭って勉学に打ち込み、自分の力でたくましく生き抜いていく松恵とは対照的に、鬼政の絶頂期に生まれ溺愛されて育った花子は、鬼龍院一家の没落とともに悲惨な晩年を迎えます。華やかな少女時代から一転し落ちぶれていく一生こそが、任侠道に生きた鬼政の生涯を象徴しているのかもしれません。本作の事実上の主人公は、鬼政にほかならないと言えるでしょう。

 また、「なめたら~」の啖呵は、原作には登場しません。宮尾さんの著書『記憶の断片』(飛鳥新社)に収録されている「『鬼龍院花子の生涯』秘話」によれば、「私原作の現在までの作品六本のなかではいちばんできがよく、また原作の筋に忠実だった」と映画版を評価しながらも、「夏目雅子の科白は原作には全くないもので、脚本家の創作だが」と断りを入れています。試写を見た時は、映画オリジナルのこの科白にビックリ仰天し、映画公開後は「なめたらいかんぜよの宮尾さん」と言われることになり、困惑したと明かしています。宮尾文学の代名詞ともいえる本書、この機会に、映画版と比較しながら手に取ってみてはいかがでしょうか。

■関連記事

文庫本ってなんでこの大きさなの?
みどり夫人を赤面させた司馬遼太郎の"真夏の公開プロポーズ"
文体に注目することで見えてくるものとは?

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP