ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『チェブラーシカ』好きは必見!? ロシア人形アニメーション巨匠の短編集『ミトン+こねこのミーシャ』がDVDに [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ロシア発のキャラクターといえば『チェブラーシカ』。ソビエト連邦時代の1969年より人形アニメーション化されたものが、日本でも2001年にミニシアターで上映されて人気に火がつくことになりましたが、この短編4本を監督として制作したのが、ロマン・カチャーノフ(1921-1993)。コマ撮りで繊細な表情を表した人形の愛らしさは、現在でも多くのファンに支持されています。
そんなカチャーノフ監督が1967年に発表した『ミトン』などを収録した『ミトン+こねこのミーシャ』がDVD化。2800円(税別)で2015年2月4日に発売されます。

2014年5月に横浜・みなとみらいのブリリアショートショートシアターなどで上映された短編アニメーションは、カチャーノフ最高傑作とも謳われる『ミトン』や、海軍で働くパパと少年を描いた『レター』(1970年)、日本初公開となった『こねこのミーシャ』(1963年)、『迷子のブヌーチカ』(1966年)。DVDではこのほかに1972年制作の『ママ』と、特典映像として日本初出となる『ノビチェク~働きもののトラクター~』(1961年)が収録されています。

『チェブラーシカ』ファンはもちろん、ロシア・北欧好きにとっても必見の人形アニメーション。映画館で見逃したという人は是非チェックを!

DVD『ミトン+こねこのミーシャ~ロマン・カチャ―ノフ短編集~』作品情報

発売日:2015年2月4日
収録分数:73分(本編58分+特典映像15分)
商品番号:PCBP.53178  ¥2800(本体+税
4:3 スタンダードサイズ/カラー/オリジナルロシア語(一部字幕あり)   
レンタル同時リリース

監督:ロマン・カチャーノフ
美術:レオ二ード・シュワルツマン ほか
音楽:ガマリア・ヴァジームほか
制作:ソユーズムリト・フィルムスタジオ(ソ連国連動画スタジオ)
(C)MITTEN+PROJECT
発売・販売元:ポニーキャニオン

収録エピソード(6作品)
※古い作品のため一部マスター起因による映像の乱れがございいます。ご了承ください。

■『ミトン』ソ連/1967/10分
1967年アヌシー国際映画祭グランプリ、1968年モスクワ映画祭銀賞
1972年ヒホン国際児童映画祭グランプリ
ひとりぼっちの女の子アーニャは、子犬が欲しくてたまらないのに、お母さんは飼うことを許してくれません。ひとり外に出て、手編みのまっ赤なミトンの手袋を子犬にみたてて遊んでいると、不思議なことが・・・。雪の日に起こった、素敵な奇跡のファンタジー。

■『こねこのミーシャ』ソ連/1963/10分/一部字幕 (初DVD化)
くろいこねこのミーシャ。あるひ自分が住んでいた小屋が壊され、新しいモダンな建物に建て替えられることになりました。おうちがなくなったこねこのミーシャはあたらしいおうちを見つけられるでしょうか?

■『迷子のブヌーチカ』ソ連/1966/20分 (初DVD化)
おじいちゃんが目をはなした隙にいたずら好きな女の子、ブヌ―チカがいなくなってしまい・・・おじいちゃんはブヌ―チカを無事に見つけられるでしょうか?

■『レター』ソ連/1970/9分  
海軍で働くパパからの手紙はママと僕の最高の楽しみ。でもある日パパから出紙が届かなくなり・・・ファンタジックな表現がおりなす愛と夢のものがたり

■『ママ』ソ連/1972年/9分
大切な息子がお昼寝中に買い物に出かけるママ。街は人でいっぱい。なかなかおうちに帰れないママは不安でいっぱいになるのですが・・・

特典映像
■『ノビチェク~働きもののトラクター~』ソ連/1961年/15分/一部字幕 (日本未公開・初DVD化)
新米トラクターのノビチェクは「あそぼ」と誘う
仲間たちの誘惑にまけずに今日も一生懸命働きます!!
そして仕事を終えたノビチェクは・・・

ミトン+公式サイト
http://www.mitten-plus.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP