体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1/12付ビルボードジャパンチャートおよび12/22~12/28 RADIO ON AIR DATA発表

1/12付ビルボードジャパンチャートおよび12/22~12/28 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による1月12日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2014年12月22日〜12月28日)および2014年12月22日〜12月28日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

2014年最後のHot100首位はキスマイ「Thank youじゃん!」

今週発表のシングル総合チャート“Billboard JAPAN Hot100”は12月24日に11形態で発売されたKis-My-Ft2「Thank youじゃん!」が1位を獲得。

セールスで大差をつけ、他指標でもエアプレイ24位、ルックアップ6位、ツイート5位と高ポイントを挙げ、2014年最後の総合HOT100首位となった。総合2位となったのは『ラブライブ!』関連のミニユニット、BiBi~絢瀬絵里(南條愛乃),西木野真姫(Pile),矢澤にこ(徳井青空)from μ’s~「冬がくれた予感」。2014年のアニメチャートを席巻した『ラブライブ!』旋風は最終週でも吹き荒れることとなった。セールスはキスマイに次いで2位、ダウンロード14位、ルックアップ11位、ツイート4位と好調だったが、エアプレイ圏外が響き、総合2位に留まった。

ダウンロードではシェネル「Happiness」が前週に続き1位となった。ルックアップでも2位と、他指標では下降気味のポイントを2指標で押し上げ、総合5位とロングヒットになっている。また、ダウンロード2位となったのは秦基博「ひまわりの約束」。年末特番の大量露出により、ダウンロードが前週11位から2位に上昇、セールスも65位から23位、総合でも18位から6位に順位を戻し、その勢いを取り戻している。

今年も日本のクリスマスを彩った、山下達郎「クリスマス・イブ」はエアプレイで1位、ツイートでも7位と、他のクリスマス関連楽曲を押さえて総合10位にジャンプ・アップ、変わらぬ訴求力の高さを見せた。

『ラブライブ!』コラボ第3弾BiBi楽曲がアニメチャート制覇、田村ゆかりは3位に

今週のBillboard JAPAN Hot Animationは人気コンテンツ『ラブライブ!』より絢瀬絵里(南條愛乃)、西木野真姫(Pile)、矢澤にこ(徳井青空)によるユニット、BiBiの「冬がくれた予感」が首位の座に着いた。

アニメにゲームに大ヒットを記録する『ラブライブ!』。本作は『スクールアイドルフェスティバル』コラボシングルの第3弾であり、その最終作。おなじみのゲーム内で使用できる限定 覚醒済みSR1枚が入手できるシリアルコードが付属とパッケージに大きな魅力をつけ圧倒的なセールスポイントを獲得。しかし、デジタルでも根強いポイントを積み重ねており、特典だけがヒットの要因でなく、楽曲自体の人気も高いことが分かる。

2位には、引き続き映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌の秦基博「ひまわりの約束」がチャートイン。同曲を収録したアコースティック・アルバム『evergreen』も昨年11月のリリースから今週までアルバムチャート“Top Albums”で9週チャートインとロングセールスを記録中だ。

田村ゆかり「あのね Love me Do」はアニメ作品ノンタイアップで3位に初登場。昨年2月リリースの「秘密の扉から会いにきて」から久しぶりの新曲。首位獲得はならなかったが、パッケージ、エアプレイ共に高ポイントを獲得しており、変わらぬ人気を維持している。

TOP5すべてクリスマス・ソングの国内洋楽チャート、あのディーヴァはもちろん1位に

2014年12月22日~12月28日を集計したBillboard JAPAN洋楽チャートは、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が1位に輝いた。

エアプレイ・チャートでは、山下達郎の「クリスマス・イブ」に次ぎ、堂々の2位を記録し、デジタル・セールスも好調なマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が昨年に続き、クリスマス・シーズン1位の楽曲となった。2位にはワム!の「ラスト・クリスマス」、3位にはジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス(戦争は終った)」、4位にはアリアナ・グランデの「サンタ・テル・ミー」、そして5位はクリス・レアの「ドライビング・フォー・クリスマス」とTOP5はすべてクリスマス・ソングとなり、2014年代飛躍を果たした若き歌姫アリアナ・グランデが、上位に食い込むかと思われたが、やはり上位3曲はベテラン3組が制する結果となった。

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。