ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

居眠り運転を防ぐガジェット「U-Wake」は脳波をモニターしてアラーム発信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長距離のドライブや、疲れているときにハンドルを握ると、眠気に襲われることがある。ヒヤリとした経験を持つドライバーもいるだろう。

ほんの一瞬でも運転中の居眠りは、重大事故につながりかねない。そうした悲劇を回避するためのガジェット「U-Wake」を、カルフォルニアのスタートアップが現在開発中だ。

・疲労度合いを数値化

U-Wakeはヘッドセットのような形状をしていて、額部分にバンドがくるように装着して使用する。そうすることで脳波をモニターし、独自のアルゴリズムで疲労度合いを測定する。

測定データはBluetoothで連携するスマートフォンのアプリに送信され、0〜100のスコアで表示される。数字が大きくなるほどリスクが高くなり、運転するには危険なレベルに達すると、スマホにアラームを送って休憩をとるように促す。

・家族にもアラーム送信

また、アラームは同時に家族などにも送られるように設定することも可能で、アラームを受け取った家族がドライバーにダイレクトに注意を促せる仕組みだ。

同乗者がいないときなどは特に、ドライブは単調になりがちだ。気をつけようと思っていても、眠気は一瞬でやってくる。自分でも認識しない疲労や眠気をモニターしてもらうことで、リスクの芽を早い段階でつめるメリットは大きい。

ハンドルを握ることが多い人は要チェックのこのガジェット、現在、資金調達サイトKickstarterでは185ドルの出資で入手できる。キャンペーンは2月1日までとなっている。

U-Wake/Kickstarter

カテゴリー : エンタメ タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP