ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.0(Lollipop)が2010年に発売されたWindows Mobile機「HTC HD2」に移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC が 2010 年に Windows Mobile で発売した「HTC HD2」に Android の最新版「Android 5.0(Lollipop)」が移植されました。HTC HD2 は 4.3 インチ WVGA 解像度のディスプレイや Snapdragon S1 QSD8250 1GHz シングルコアプロセッサ、512MB の RAM と ROM を搭載したレガシーな端末です。元々は Windows Mobile 6.5 を搭載していましたが、ハードウェア的に Android も動作することから、これまで Android の各バージョンが移植されてきました。Android 5.0 でも移植は止まらない模様です。今回の移植では、CyanogenMod 12 や過去にリリースされたドライバを組み合わせて HD2 向けにカスタム ROM が開発されました。XDA Developers のハンドルネーム macs18max 氏が ROM を公開しています。ROM は誰でもダウンロードでき、ブートローダーをアンロックした HTC HD2 にインストールできますが、パーティション割りを変更し、下記のリンク先で配布されている TWRP リカバリを利用してインストールしないと動作しないそうです。利用するには若干敷居の高いカスタムROMとなっています。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、次期フラッグシップの中国モデルでMediaTekプロセッサを採用か?
CES 2015 : Kenwood、Android Autoをサポートした自動車用マルチメディアレシーバー「DDX9902S」を発表
NEC、スマートフォンから遠隔で自宅のペットの様子などを確認できる温度センサーや赤外線リモコン付きネットワークカメラ「AtermHC100RC Wi-Fi アクセスポイントセット」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP