ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2015年中に行かないと一生後悔してしまう築地の名店】マツコも絶賛した八千代のアジフライ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


東京・築地といえば日本全国の誰もが知る巨大市場。築地場内や場外は築地で働く人たちは食材を見る目や味わう舌が肥えているため、おいしいお店がたくさん存在する。

しかし築地の場内は2016年に移転が決定しており、現在の場内のお店はこのタイミングで無くなってしまう。つまり今の雰囲気で味わう事は二度とできない、築地場内はまさに今年ラストイヤーという非常に悲しい状況なのだ。

今回は2015年中に行っておかないと一生後悔してしまうだろう、築地の名店「とんかつ 八千代」を再度紹介したい。

実は以前紹介したように「とんかつ 八千代」では冬期限定でホタテとカキのフライを楽しめる「車エビ・ホタテ・カキフライ定食」や、火・木・土の曜日限定で提供されるジューシーなチャーシューと半熟目玉焼きが嬉しい「チャーシューエッグ定食」など素晴らしい至高のメニューがある。

しかし今回紹介するのはたくさんあるメニューの中で、あのマツコ・デラックスさんが絶賛したという「アジフライ定食」だ。こちらのアジフライは他店の追随を許さないほど絶品でパワフルな味わいなのだ。

・肉厚のアジフライ
さすがは築地、さすがは八千代と唸ってしまうほどの肉厚のアジフライにまず驚く。刺身でも食べられるほど新鮮なアジをフライにするのだからタマらない。ひとくち食べればサックサクの衣に包まれたホックホクでジューシーなアジを楽しむ事ができる。

・衣にコクを出すための隠し味
実はこちらのアジフライ、アジフライの素材の良さもさることながら、衣にも工夫がある。それが隠し味の粉チーズだ。隠し味をプラスすることによって、ラードやヘッドという豚と牛のコッテリとした揚げ油にも負けない、そして強く主張するアジにも負けない衣が完成するのだ。

・そのままでウマイ
まずはタルタルソースのかかっていない部分を食べてみてもらいたい。サックサクでありながら隠し味によってコクをさらに引き出されたの衣、そしてその中にはホックホクでジューシーなアジの優しいウマミが口いっぱいに溢れ出す。素材そのものがパワフルな味わいを持っているため、ソースをつけなくてもそのままで十分美味しさを感じる事ができる。

・タルタルソースでウマイ
そのままのアジフライを楽しんだら、次は無造作にのっけられたタルタルソースとのマリアージュを楽しみたい。このタルタルソースはアジフライの味わいを加速してくれる最高のソース。タルタルソースをたっぷりとまとわせてアジフライをほおばれば、思わず笑顔がこぼれてしまうほどの至福の瞬間が訪れるのだ。

・醤油を垂らすとさらにウマイ
実はこちらのアジフライは卓上のソースでもしっかりと美味しいのだが、醤油を少し垂らして食べるとさらにアジのウマミが増してくる。サックサクの衣に包まれたホックホクでジューシーなアジを醤油でサッパリといただいてみてもらいたい。きっと日本人に産まれた事に感謝してしまうウマさなのだ。

・カレーをかけてさらにウマイ
さらにもっと、もっとだ!という方にオススメなのがご飯のカレーがけ。こちらのお店は+100円でご飯にカレーを追加してもらう事が出来る。極上のアジのウマミを存分に引き出したフライにカレーを合わせると……もはや説明不要のウマサであることが分かって頂けるだろう。

何度も申し上げるが、場内市場は2016年の施設完成後に豊洲への移転が予定されている。そのため、もしこちらのアジフライを今の築地の雰囲気で堪能したいのであれば、絶対に2015年中に行っておいていただきたい。

そして、その約80年ほど続いた築地の歴史を噛みしめてみてもらいたい。おそらく戦前から日本の食卓をそして外食産業を支えてきた、築地で働いている方々の叡智(えいち)を感じる事ができるに違いない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 とんかつ八千代 (とんかつ・やちよ)
場所 東京都中央区築地5-2-1 築地市場 6号館
営業時間 5:00~13:00
定休日 日曜・祝日・不定休(築地市場に準ずる) 不定休は水曜日多し

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP