ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『グリー』リア・ミシェルが熱演 『オズ めざせ!エメラルドの国へ』が今週公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歌も満載のミュージック・アニメ映画『オズ めざせ!エメラルドの国へ』が、今週末、1月10日(土)より全国公開される。

 映画は、家族のいる故郷に戻ったドロシーが再びオズに呼び戻され、新しい仲間や昔からの友達に助けられながら新たな旅をする、というストーリー。

 主人公ドロシーの声と歌は、人気ドラマ『glee/グリー』のレイチェル役でブレイクしたリア・ミシェルが担当している。この配役についてミシェルは「4歳くらいの頃、自分の事をドロシーだと思っていた。クリスマスに撮ったビデオには、小さな赤い靴をもらう姿も残っているわ。私はその靴を本物だと信じきって、そこらじゅうを歩き回っていたの。オズの世界に飛び込めると思っていたのよね」と語っている。

 “オズの魔法使い”をテーマにした作品では、ミュージカル映画の古典とも言われるジュディ・ガーランド主演の『オズの魔法使』がよく知られているが、ブロードウェイ出身のリア・ミシェルがどのような演技を見せるのかにも注目が集まる。「(ジュディ・ガーランド版『オズの魔法使』は)私には大切な作品よ。当時は歌のことなんて何も知らなかったけど、今思えば『オズの魔法使』を観たことが、私を演技や歌の道へ導いてくれたの」とミシェルも語る。

 また、現代版ドロシーを演じることについてミシェルは「私だからこそできるドロシーにしたいと思ったし、現代的にしたかったわ。だから、たくさん新しい面を持たせようと考えたの。今作のドロシーは勇気があるし、タフでおてんばよ。それに生き生きとしているわ。そういう面を表現したいと思ったの。現代の女の子たちが共感できるようにね」とも語っている。

 映画にはミシェル以外にも、かかし役の『ゴーストバスターズ』のダン・エイクロイド、ブリキ男役の『エクスペンダブルズ3』のケルシー・グラマー、森の樹タグ役の『X-MEN』シリーズのパトリック・スチュワートらの実力派俳優も出演。映画の挿入歌を、アカデミー賞/グラミー賞へのノミネート経験もあるブライアン・アダムスが担当していることも話題を呼んでいる。

◎映画情報
『オズ めざせ!エメラルドの国へ』(原題:Legends of OZ: Dorothy’s Return)
2014年 / アメリカ / カラー / ビスタ / 5.1ch / 94分
1月10日(土) 新宿バルト9 ほか 全国ロードショー

関連記事リンク(外部サイト)

レディー・ガガも出演 『シン・シティ』続編が1/10より全国公開
ブライアン・アダムスが、まさかのゆるキャラ ビーバー役で歌声披露&限定映像公開
ファレル率いるN.E.R.Dが再始動!映画『スポンジ・ボブ』主題歌の配信開始

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP