ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LINE公式グッズショップに潜入 スワロフスキーとコラボも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ヒットすれば大きな売り上げとなる自作LINEスタンプ。本誌・女性セブンでは、ライター・Kと編集・セブ姉らでそんな一攫千金を夢見て「女性セブンスタンプ班(JSSH)」を結成し、ヒットするLINEスタンプ作りに挑戦している。

 そんななか、JSSHのもとに、LINE公式キャラクターグッズショップがオープンするというニュースが。“ここにきっと、ウケるスタンプ作りのヒントが隠されているに違いない!”と、さっそく、ショップ内覧会へ向かう──。

「Kさん、原宿にLINE公式ショップができるらしいよ。取材に行かねば!」

 無類のLINEオリジナルキャラクター好きのセブ姉からの指令で、早速取材を申し込んだJSSH。ちなみにセブ姉のお気に入りは、顔が似ているという理由で、ひよこの『サリー』だ。

「セブ姉、まさか自分が行きたいからじゃないんですか? それって職権乱用ですよ」

 そんなKの突っ込みを軽く受け流し行く気満々のセブ姉。

「そもそもLINEは、公式キャラの断トツのかわいさから火がついたもの。原点に帰って、LINEキャラの良さを見直すことが今の私たちには大事だと思うの。それに、いずれはこのショップでJSSHオリジナルキャラグッズを売ってもらいたいし。夢はさらにでっかくなきゃダメよ~ダメダメ~」

 と、昨年の流行語も駆使しつつ、力説するセブ姉。

「確かに、LINE公式キャラにはヒントがあるかも」

 と、納得したKは、セブ姉とともに『LINE FRIENDS STORE』へ。

 東京・原宿の明治通り沿いにある同ショップは、なんと国内初。LINE広報担当者によると、常設店としては、香港、シンガポール、韓国、台湾についで、世界で5店舗目なのだという。

「1階は、比較的低価格帯の普段使いできる文房具など。また地下1階は、スワロフスキーとコラボするなど、ラグジュアリーな商品を展開しています」(広報担当者)

 確かに1階はポップな雰囲気。エントランスでは、ブラウン、レナード、コニーなどの等身大ぬいぐるみが出迎えてくれる。海外から来る観光客を想定してか、スタッフは英語や北京語ができる人も多く、インターナショナルな雰囲気だ。

 商品は約400点。マグカップ1500円、マウスパッド400円など、確かにリーズナブルかつ使い勝手のよさそうなグッズが満載だ。店の中央にはスマホならぬ、リアルなハンコのスタンプが!?

「“これぞリアルスタンプだ”と、ハンコの試し押しをする人も多いですね」(広報担当者)

 さっそく押してみたが、リアルスタンプ、めっぽうかわいい。この丸いフォルムがたまらない。このフォルムこそ、売れるスタンプに不可欠な要素だ!!

 オリジナルキャラのぬいぐるみなんて、悶絶しそうなかわいさ。私たちのスタンプもいずれは商品化…。夢はさらに膨らむ。

 店内をリサーチし、ウケるキャラクター作りに向け、あれこれ研究を進めるKの横で、

「すみません、いずれは私たちのキャラクターもここでグッズにして売ってもらえるんでしょうか?」

 と、セブ姉、ついに核心に。

「それは…まだ、考えていないんです」(広報担当者)

 落ち込むセブ姉。ていうか、われわれのスタンプ、まだ販売もしていないし。ショップを堪能し、すっかり新しいアイディアが湧いた気分のJSSHであった。

※女性セブン2015年1月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
25000以上あるLINEクリエイターズスタンプ まだヒット可能
LINE最新事情 スタンプにベルばら登場、キャラグッズも続々
LINE 人気理由は「スタンプ可愛いからでしょ」と運営社社員

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP