ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒュー・ジャックマンが“黒ひげ海賊”に! ピーター・パンの実写映画『PAN(仮題)』が今秋に公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


その人柄から『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャンのような善人を演じることが多かったヒュー・ジャックマン。そんな彼が新境地を切り開き、新たな世界観で物語るピーター・パンの実写映画『PAN(仮題)』(2015年の秋に公開)にて冷酷無比の海賊“黒ひげ”役に! 本日、“黒ひげ”がピーター・パンに迫る様子を映し出し、新たなアドベンチャーを予感させる場面写真が初公開となりました。

見た目からも徹底的に役作りをして、これまでのイメージを覆す超極悪キャラクターに変貌を遂げたヒュー・ジャックマン。スキンヘッドにして本物のひげをたくわえるなど、まさに“黒ひげ”になりきった姿を自身の『Instagram』で紹介すると、世界中のファンから「クール!」「インクレディブル!」などと反響を呼んでいました。

ヒュー・ジャックマン『Instagram』
http://instagram.com/p/vy6gvyihBD/?modal=true

本作のメガホンを務めるのは、『プライドと偏見』『つぐない』などでアカデミー賞に多数ノミネートされた経験を持つジョー・ライト監督。“黒ひげ”と対決する運命を背負ったピーター役には、オーディションを経て新人リーヴァイ・ミラーに白羽の矢が立ち、早くも注目を集めています。

そして装いも新たに登場するキャラクターたちには、海賊フック役にギャレット・ヘドランド、インディアンのタイガー・リリー役にルーニー・マーラをそれぞれ抜擢。また妖精ティンカー・ベルに加え、まだ誰も出会ったことのない個性豊かなキャラクターたちが登場するとのこと。

ヒュー・ジャックマンがアダマンチウムのカギ爪を振り回してフック船長を怪演する姿も見てみたかったところですが、極悪で冷酷無比な“黒ひげ”とピーター・パンとの対決に期待です。

(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。