ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorolaが中国市場への再参入を発表、2月よりMoto X、Moto X Pro、Moto Gを発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola Mobility が公式ブログを通じて撤退状態にある中国市場に再参入することを正式に発表しました。Motorola は 2012 年まで中国市場で様々なスマートフォンを発売してきましたが、この 2 年間、新機種の投入はなく、一時撤退している状態でした。しかし、2 月より「Moto X」、「Moto X Pro」、「Moto G」を引っ提げて再参入します。中国で発売される「Moto X」と「Moto G」は昨年秋に欧米で発売された第 2 世代モデルです。しかし、Moto G に関しては欧米で未発売の LTE モデルが投入されます。初登場の「Moto X Pro」は「Nexus 6」から Nexus ブランドを省いて Motorola ブランドにした 6 インチスマートフォン。6 インチ 2,560 × 1,440 ピクセルの 有機 EL ディスプレイや Snapdragon 805 2.7GHz クアッドコアプロセッサ、3,220mAh バッテリーなどを搭載しています。筐体デザインもほぼ「Nexus 6」のままなのですが、背面の「NEXUS」ロゴが削除されるなど、一部は変更されています。Source : Motorola(発表文)、Motorola China


(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2015 : パイオニア、Android Autoをサポートした車載システム3機種を発表
英Cloveに「BlackBerry Classic」が入荷
Lumix CM1は今夏に米国でも発売予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。