ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファンキー加藤のリリース企画でファンモンMVを全曲配信!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファンキー加藤の日本武道館でのソロ初ワンマンライヴを収めたDVD&BD『I LIVE YOU 2014 in 日本武道館』(2月4日発売)。同作のリリースを記念したスペシャル企画がGYAO!でスタートした。この企画は、2013年6月に惜しまれつつも解散したFUNKY MONKEY BABYSの結成日から丸11年になる2015年1月1日から24日までの24日間をかけて、GYAO!でFUNKY MONKEY BABYSのMVフルヴァージョンを1曲ずつ毎日配信するというものだ。

FUNKY MONKEY BABYSがリリースしたシングル21作品+DVDシングル1作品。この中でMVは全24曲ある。過去、リリースタイミングに期間限定でフルヴァージョンMVの配信がされた楽曲はあるものの、すべてのMVがフルヴァージョンで公開されるのは初めて。そして、FUNKY MONKEY BABYSが「そのまま東へ」でメジャーデビューを飾った記念日となる1月25日には、YouTubeのドリーミュージックチャンネルでも上記24曲のMVフルヴァージョンが公開となるので、ぜひチェックしてみてほしい。

また、ファンキー加藤がFUNKY MONKEY BABYS時代から続けている卒業生応援ライヴの応募締め切りも1月20日(火)23時59分までと迫ってきた。この卒業生応援ライヴは、全国の卒業式に出向いて学生たちの一生の記念の日にサプライズライヴで花を添えようという企画。2007年の香川県小豆島池田中学校に始まり、2008年は静岡県川根小学校、2009年は山梨県甲府看護専門学校、2010年は徳島県岩倉中学校、2011年は福島県柳津中学校、2012年は三重県津西高等学校、2013年はメンバーの地元・八王子にある東京都立翔陽高等学校で開催された。FUNKY MONKEY BABYSの解散後、ソロデビューを果たした2014年も加藤の強い希望で卒業生応援ライヴは継続することになり、岡山県足守中学校で行なっている。

この卒業生応援ライヴについて、ファンキー加藤は“応援ソングというのを非常に大切にしています。その応援ソングの力が一番発揮されるのが卒業式だと思います。そんな卒業式を全力で盛り上げたい”と語り、2015年の卒業式を大いに盛り上げてくれることを約束した。この卒業式応援ライヴは、特設サイトで1月20日(火)23時59分まで出張ライヴを開催する学校を募集している。締め切りが迫っているので、学校生活の大切な思い出となる卒業式を盛り上げたい卒業生や学校関係者の方は、ぜひ熱いメッセージを添えてご応募を!

■GYAO! ファンキー加藤スペシャル企画
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00342/v09087/
■ドリーミュージック YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/dreamusic
■卒業式応援ライヴ特設サイト
http://www.dreamusic.co.jp/sp/funky_kato/school_live2015/

DVD & Blu-ray『I LIVE YOU 2014 in 日本武道館』
2015年2月4日発売
【DVD】
MUBD-1056~7/¥5,370+税
【Blu-ray】
MUXD-1013/¥6,296+税

アルバム『ONE』
発売中
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
MUCD-8057~8/¥5,000+税
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
MUCD-8059~60/¥4,000+税
【通常盤】(CDのみ)
MUCD-1302/¥2,900+税
<収録曲>
01.リスタート
02.輝け
03.終わらない未来
04.太陽
05.My VOICE
06.まわせ!
07.愛の言葉
08.僕らの詩
09.CHANGE
10.Good Show
11.もっと勉強しておけばよかった
12.桜 ふわり ふわり
13.FLY
<DVD>※初回生産限定盤Aのみ
ドキュメンタリー映画『ファンキー加藤My VOICE~ファンモンから新たな未来へ~』
<DVD>※初回生産限定盤Bのみ
「My VOICE」「輝け」「太陽」MV
ライヴダイジェスト映像(7月9日開催FIRST FUNKY FES 2014 決起集会@赤坂BLITZ)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
ファンキー加藤 オフィシャルHP
2010年リリース以降限定! 最新クリスマスソング5選

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP