体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<引き続き追いかけ中!Vol.10>チームしゃちほこ 願いの叶う【鯱詣】は大盛況!2015年は“楽しい”の質が上がる“確変”期へ

<引き続き追いかけ中!Vol.10>チームしゃちほこ 願いの叶う【鯱詣】は大盛況!2015年は“楽しい”の質が上がる“確変”期へ

 名古屋発スターダスト芸能3部所属の高校生アイドル6人組、チームしゃちほこが1月3日(土)に愛知・愛知県体育館で【鯱詣2015】を開催。2度目“again”となる同会場で2015年への決意を感じる熱狂のステージを見せてくれた。

 ホールツアーを大成功に収め、年末には【COUNTDOWN JAPAN14/15】に出演し、フェス照準の鉄壁セットリストで入場規制をかけるなど、勢いも気力も充分の状態で挑む2015年一発目のステージ。メンバーにとってもファンにとっても重要な1日だ。イベント前には愛知県体育館の場外にて正月期間らしく<だいすけ横丁>が催され、豪華賞品が用意された“新春大抽選会”や、ホールツアーで大好評だったカラオケ大会が“のど自慢大会”として登場するなど、相変わらず開演前からファンは白熱。物販ブースはもちろん甘酒も振る舞われ、【鯱詣】の名にふさわしい賑わいを見せた。

 入場口は“入国ゲート”と名付けられ、通過するとそこはまさかのハワイ。正月の芸能人=ハワイということで1月の愛知県体育館は常夏に。メンバーから「適応能力が凄い」と称賛されるファンたちは、戸惑いながらもその設定を飲み込んで即座に楽しみはじめる。

 遂に全貌が明らかとなった360度センターステージは当然、会場中央に鎮座。円形ステージはバームクーヘンの様に層になっており、両端から湾曲した花道が1本ずつアリーナ席を貫いている格好だ。会場が暗転し、始まりを告げるSEブラーの「ソング2」が流れるとカラフルなペンライトが光りだす。ステージ上に設置されたビジョンに「一緒に年始を迎えることが願いでした」と日付が表示され、2015年1月3日は2014年12月31日に巻き戻され、会場内はタイムスリップ。ビジョンはラジオDJ、リッキー・ラッキー竹内に扮した俳優の竹内力が登場し、「ツィームシャチホコウがハワイでニューイヤーライヴを開催!」と映像はハワイライブの為に用意された記者会見会場へ。メンバーは「Miso Cutlet!(味噌カツ)Chicken Wing!(手羽先)KatuFried Prawn!(エビフライ)」とまさかの英語バージョンで自己紹介したかと思えば、会見ではでたらめな英語で対応。そして、ラッキー竹内のカウントダウンでいよいよステージ中央にチームしゃちほこが登場。開演を告げる火柱が伸び「It’s New 世界」でライブはスタート。

 センターステージだけに360度すべてが正面とあって、メンバーは円形フォーメーションでくるくると立ち位置を変えてパフォーマンス。ステージにはLEDも埋め込まれているようで、照明、火柱と合わせてド派手な演出が興奮を更に煽る。「恋人はスナイパー」や「ごぶれい!しゃちほこでらックス」と初期の人気曲を終え「明けましておめでとうー!」と新年の挨拶を挟む。そのまま「シャンプーハット」から「ピザです!」になだれ込むと、花道から同曲をCMソングとしたアオキーズ・ピザの配達員が自転車に乗って登場。宅配ボックスから出てきたのはピザ!ではなくフリスビー。メンバーはたちはフリスビーを客席に投げ込むファンサービス付きでパフォーマンス。

 メンバーは「ようこそ、いりゃあせー!」とおなじみの名古屋弁で歓迎し、自己紹介。普段と違うステージを楽しみながら「どこ見て話せばいいんだ?」と前後にアピール。安藤ゆずは「ウエーヴがやりたい!」会場をぐるりと回りウエーブを巻き起こす。話題はお正月ということで、それぞれ叶えたいことを発表。

咲良菜緒「ハワイなんで英語の歌を歌いたい!」

伊藤千由李「ジェット風船をお客さんの所で飛ばしたい!」

安藤ゆず「もっと目立ちたい!」

大黒柚姫「怒られたくない!」

秋本帆華「そこら辺でアイス食べたい!オレンジシャーベット」

坂本遥奈「クレーンカメラあるから人文字やりたい!」

 一通り願い事を発表すると「乙女受験戦争」へ突入。するとヴィジョンには「Try Harder!」の文字が表示。そう、英語詞で歌い始めたのだ。予想外の展開に笑い、驚きながら体を動かすファンたちも、英語詞はハードルが高かったのか追いつけない場面も。まずは咲良菜緒の願いが叶うことになり、続いて「愛の地球祭」ではメンバーがステージに寝転がり、花道と一体化し「S(しゃちほこの“S”)」の文字を作り、坂本遥奈の希望通り人文字をやりきる。

 「ゆずゆずしてもいいですかー?」と安藤ゆず、坂本遥奈、伊藤千由李によるユニット曲「私がセンター」に突入すると、残りのメンバーが人体切断マジックのボックスを用意し、イリュージョンタイムへ。これまた予想外の目立つ事をやってのけ、斜め上を行くしゃちほこメンバーたちにファンたちは歓喜。「路上デビューからこんな大きな会場で歌うことが出来て夢が叶いました。」と「マジ感謝」を披露。こちらでは伊藤千由李の希望を叶え、メンバーがステージを降りて客席フロアでジェット風船を飛ばした。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。