体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MERRY、渋谷公会堂ワンマンに離脱していたテツ(Ba)が登場!

MERRYが1月2日(金)に渋谷公会堂で単独公演「Grateful Year 2015 ヴァニラスカイアバンギャルド」を開催。同ライヴのアンコールでは、怪我のリハビリのために1年以上MERRYから離脱していたテツ(Ba)がステージに登場し、ファンを驚愕させた。さらに、全国ツアー「MERRY Grateful Year 2015 NOnsenSe MARkeT B1」を行なうことも発表となった。

1月2日@渋谷公会堂 (okmusic UP's)

2015年、MERRY1発目のワンマンライヴは、ニューアルバム『NOnsenSe MARkeT』が初期の自分たちを彷彿とさせるごちゃまぜ感たっぷりのMERRYらしいアルバムになったということで、新作からの楽曲と初期のナンバーを中心にプレイ。ロックバンドとしての揺るぎないオーラを持ちながらも、パンクあり、アコースティックあり、哀愁レトロな歌謡曲や歌ものもあり。客席にはガラ(Vo)が柄杓でまく水や、カラーテープの代わりにトイレットペーパーが飛んでくる演出など、まさにナンセンス極まりないMERRYがてんこ盛りのアクトでオーディエンスを魅了した。最後にはテツが加わった5人のMERRYで観客に感動をもたらし、バンド史上忘れられない素晴らしい一夜となった。

この日は開演を知らせるブザーが鳴ると、まずはステージにネロ(Dr)、結生(Gt)、健一(Gt)の3人が登場。「iNtO the mARkeT」を生演奏したあとにガラが加わって「NOnsenSe MARkeT」というオープニングで、昨年発売したばかりのニューアルバム『NOnsenSe MARkeT』の流れをいち早く再現する。その後は“ヴァニラスカイアバンギャルドへようこそ!”というガラの叫び声から「不均等キネマ」「ジャパニーズモダニスト」と、序盤から飛ばし気味にオーディエンスを熱く盛り上げた。

中盤は多彩なMERRYの楽曲を次々と披露。健一のギターの音色に絡みつく結生の歌、ガラの揺れる腰など、これまでにないMERRYで観客の目を釘付けにした「暗闇にピンク」。ネロがドラム台から離れてカホンを、ギター隊はエレキをアコギに持ち替えて始まったアコースティックゾーンでは、この季節にぴったりな「チック・タック」「路地裏哀歌」をガラが哀愁感たっぷりに届け、そのムードがマックスに高まったところで極めつきの「Hide-and-seek」を投入。ここでは歌ものMERRYでオーディエンスの心をしっとりと包み込む。

後半はネロの“スペシャルゲスト”という紹介でTHE CHERRY COKE$のTOMOがアコーディオンでバンドに加わり、「Station 07」「千代田線デモクラシー」というレトロソングで客席の体温を小気味よく上げていった。そのあとは、場内を上手、下手、センターに分けてシンガロングを競わせるというホールならではのパフォーマンスで「絶望」を熱唱。ここではさらなる熱唱を求めて、客席にガラが柄杓で水を撒き散らすパフォーマンスも。「Zombie Paradise~地獄の舞踏曲~」では天井のミラーボールがディスコティックな空間を作り出し、続く「Carnival」でさらに客席が踊り出すと白いトイレットペーパーが空中に舞い上がるなど、MERRYならではの演出で楽しませ、本編は「梟」の凛々しいパフォーマンスで締めくくった。

1回目のアンコールは再びアコースティックセッションで「Unreachable Voice」と「ラストスノー」という2曲をガラが柔らかな歌声で届ける。2回目のアンコールでは、そのガラが珍しく2月から全国ツアーを行なうことを自ら発表。そして、“みんなでてっぺん目指しましょう”と叫んで「T.O.P」をプレイしたあとのことだった。“渋谷公会堂はMERRYにとってすごく思い入れのある場所。だから、最後は5人のMERRYで演奏したいと思います。今日はテツさんが来てます。ベース、テツ!!”

これまでずっとリハビリに専念していたテツ。その突然の登場に悲鳴、絶叫……客席からは大歓声が沸き起こる。スタンドで固定されたベース。そのスタンドの後ろに構えたテツがネロ、次に客席を見て微笑む。泣きじゃくる声が響く渋谷公会堂にガラが“僕たちと君たちの曲です。一緒に歌って下さい”といって始まったのは「群青」。“何度踏まれたって また這い上がっていく この道に幸あれ”(「群青」)。テツの事故から1年以上。それでも、這い上がってたどり着くことができたこの瞬間の至福たるや。5人のMERRYとして、1曲だけだが復活の第一歩を踏み出すことができた。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。