ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エイコン、異ジャンルの5枚から成る4thアルバム『Stadium』リリースへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 エイコンが今年、5パートからなるコンセプト・アルバム『スタジアム(Stadium)』をリリースする予定であることが明らかになった。アルバムリリースは2008年の『フリーダム』以来、7年ぶりとなる。

 グラミー賞ノミネート歴のあるシンガー/ラッパー/プロデューサーのエイコンは1月1日、新しい作品が5枚に渡るアルバムとなり、それぞれ異なる音楽ジャンルに元付いていることをツイッターで明らかにした。彼のウェブサイトでは現在、各アルバムから1曲をストリーミング配信しており、『Stadium: Euro』からはレイブの似合う「Better」(feat. Niko the Kid)、『Stadium: Pop』からは情感的なバラード「To Each His Own」、『Stadium: Urban』からはヒップホップな「Whole Lot」、『Stadium: Island』からはダブ風の「Just a Man」(feat. Stephen Marley)、『Stadium: World』からはパーカッシブな「Feeling a Nikka」(feat. D’Banje)を聴くことができる。

 今のところ、4作目のスタジオ・アルバムとなる同作の正確なリリース日を発表していないエイコン。長らくソロ活動から離れていたにも関わらず、2014年はジージーやクリス・ブラウン、Wizkidの曲にゲスト参加するなど活発な年だった。

◎エイコン公式ウェブサイト:
http://www.akon.com

関連記事リンク(外部サイト)

レディー・ガガも出演 『シン・シティ』続編が1/10より全国公開
一夜限りのサン・キル・ムーンの初来日公演が決定
マリリン・マンソン ニューALが日本最速で聴ける爆音先行リスニング・パーティ開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP