ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイラー・スウィフト アナ雪抑え『1989』2014年全米で最も売れたアルバムに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テイラー・スウィフトの5作目となる最新アルバム『1989』が累計366万枚のセールスを記録(Nielsen Music集計)し、2014年全米で最も売れたアルバムになった。

 2014年の全米セールス記録上『アナと雪の女王~オリジナル・サウンドトラック』が353万枚(2013年のリリースの為、2年間の累計セールスは386万枚)で、テイラー・スウィフトの『1989』はリリースからわずか9週で2014年全米において最も売れたアルバムに確定した。

 また、『1989』に収録された2ndシングル曲「ブランク・スペース」が、メディアがゴシップで創り上げた“様々な男性と付き合っては別れるテイラー”を客観的にとらえコミカルに描き上げた楽曲として評価され、米ビルボード総合シングルチャート(The Billboard Hot 100)にて7週連続1位を獲得している。これは「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」の通算4週1位の記録を塗り替えるほどの勢いで、2曲のシングルのヒットに伴いアルバム『1989』も米ビルボード総合アルバムチャート(The Billboard 200)において通算7週目の1位を獲得。

 これはテイラーにとって通算31週目の全米1位獲得(アルバム4作)となり、通算30週全米1位の記録保持者 マライア・キャリーを超え、女性シンガー史上2位の記録となった(1位はホイットニー・ヒューストンで46週1位)。

◎ライブ【TAYLOR SWIFT THE 1989 WORLD TOUR LIVE IN JAPAN】
05月05日(火・祝)6日(水・祝)東京ドーム

関連記事リンク(外部サイト)

テイラー・スウィフト「ソングライターでなければ、シンガーにはならなかった」
テイラー・スウィフト 通算350万枚突破『1989』が全米チャート首位に返り咲き
テイラー・スウィフト 洋楽チャート10週目の1位でファレルの最長記録と並ぶ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP