ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

素顔の東京女子流に会う ファンクラブ限定イベントを開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京女子流がファンクラブ「Astalight*」会員限定イベント初の大忘年会を、昨年末12月29日に開催した。同月20日の渋谷公会堂でのビッグ・ライブを経て、この日はファンだけでなくメンバーも思う存分にイベントを楽しんだようだ。

 まずは、メンバーの中でもとりわけ食べることが好きな新井ひとみが、何よりも楽しみにしていたというBBQランチ。BBQのあいだ、メンバーが各テーブルを回ってファンとの会話を楽しむなどファンクラブ・イベントならではの距離感で行われた。

 ランチの後は一同バスでボウリング場へ移動。メンバーが始球式をつとめ、チーム対抗のボウリング大会が行われた。

 夏に関東で開催されたファンクラブ・イベントでは最下位という結果に悔しい思いをしたリーダーの庄司芽生だったが、この日はその時の屈辱を晴らすかのように庄司のチームが優勝を勝ち取り、庄司単独のUSTREAM番組の配信が決定した。前回の優勝者の新井ひとみは同企画で大好物のパンケーキを食べる様子を配信したが、今回は庄司がパフェを食べる様子を配信予定とのこと。庄司の食レポに期待しよう。

 ボウリングの後は、この日撮影した集合写真に参加者のニックネームを添えたサイン会が行われ、メンバーがファンひとりひとりとイベントを振り返りながら感謝の気持ちを伝えた。

 その後は、宿泊プランの参加者と共に、この日の最後の企画である大忘年会を大阪府内のホテルで開催。参会者はビュッフェ形式の食事を楽しみながらメンバーと共に東京女子流の2014年を振り返った。事前にファンから寄せられた“印象に残った活動”の中でも、やはりツアー・ファイナルとなった日比谷野外音楽堂での公演に関するもの特に多く、多くのファンの心に残るライブになったことがうかがえた。

 トーク後はカラオケ大会も開催。抽選で選ばれたファンとメンバーが一緒になって、東京女子流の楽曲や、AAAの「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」などを披露。新井ひとみが、薫と友樹、たまにムック。の「マル・マル・モリ・モリ!」を歌った場面では、たまらず他のメンバーもステージに登壇し、ファンとともに振り付きで歌唱するなど、ファンクラブ・イベントならではのサプライズに、参加したファンも大満足だったようだ。

 2014年、普段のライブのみならず主演映画への出演や海外でのイベントにも参加し精力的に活動してきた東京女子流。結成5年目に突入する2015年は、1月から3ヶ月連続公演となる【ザ・対バン/ザ・単ドク3ヶ月公演】や、3月11日にはメンバーの山邊未夢みずからが作詞をつとめるシングル曲のリリースも決定しており、最近の女子流が打ち出す“アーティスト宣言”通り、次なるステージへのステップアップを目指す。

 一方、今回のようなファンクラブ限定イベントは今後も定期的に開催していくとのこと。普段のステージとはひと味異なるメンバーの素顔に触れることのできる場として、ファンには欠かせない場になっていきそうだ。

◎東京女子流オフィシャルファンクラブ「Astalight*」
https://fc.avex.jp/tgs/

◎東京女子流オフィシャルサイト
http://tokyogirlsstyle.jp/

◎リリース情報
「タイトル未定」(シングル)
3月11日(水)
URL:http://tokyogirlsstyle.jp/discography/

◎ライブ情報
【ザ・対バン/ザ・単ドク】
昼公演は対バン、夜公演はワンマンとなる3ヶ月公演開催決定
1月17日(土) クラブチッタ川崎
2月8日(日) 赤坂BLITZ
3月1日(日) Zepp Tokyo
URL:http://bit.ly/1BCsEbj

関連記事リンク(外部サイト)

東京女子流 3か月連続シリーズ公演発表、第1弾で“女子流推し”のSuGと競演
東京女子流、半年ぶりのシングルはコモリタミノル提供曲含む両A面
東京女子流 初のベトナム公演に手応え「一緒に踊ってもらって嬉しかったです」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP