ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エレファントカシマシ、熱狂の武道館2Daysでライヴ初め!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1991年より続く、エレファントカシマシ恒例の新春ライヴ! 今年は15年ぶりに日本武道館での2DAYS開催となった。

春を歌った「夢のちまた」で始まった2015年のエレカシ新春ライヴ。“ようこそ、始まるぜ2015年。いらっしゃいEverybody”のMCから“今はここが真ん中さ! みんなに捧げます”と代表曲「悲しみの果て」を披露すると、会場のボルテージはいきなり最高潮に! ヴァイオリンの金原千恵子とチェロの笠原あやのという、エレカシファンにはおなじみのストリングスチームを呼び込んでの「リッスントゥザミュージック」はまさに圧巻。そこからのストリングスをいっしょに披露した「昔の侍」「普通の日々」「明日への記憶」「あなたへ」のコーナーは、まさに新春ライヴにふさわしい豪華な演奏だった。

さらに、“今年は絶対かせぐためにヒット曲を出すんだということで、ゲンのいいこの曲を聴いて下さい”と披露されたのは、エレカシ最大のヒット曲「今宵の月のように」。まさに新年らしい願いが込められた曲を披露すると、会場はこの日一番の大歓声に包まれた。

「大地のシンフォニー」でスタートした2部は、お年玉代わりにとばかりになんと新曲を2曲披露。そして、“新しい季節がもう始まっています。みんなで一緒に行こうぜ”と再びストリングスチームと「新しい季節へキミと」。最後はデビュー曲である「ファイティングマン」を歌い上げて終了かと思いきや、アンコールに応えて3曲を熱唱する。さらに、宮本の弾き語りで「涙」という新春ならではの出血大サービスっぷり。その後のWアンコールにも応えて「待つ男」を演奏し、大歓声のうちに2015年の新春ライヴは幕を閉じた。

【2015年1月4日(日)@日本武道館 セットリスト】
〈第1部〉
01.夢のちまた
02.DEADORLIVE
03.ココロのままに
04.今はここが真ん中さ!
05.悲しみの果て
06.デーデ
07.おかみさん
08.風に吹かれて
09.精神暗黒街
10.ジョニーの彷徨
11.真冬のロマンチック
12.リッスントゥザミュージック
13.昔の侍
14.普通の日々
15.明日への記憶
16.あなたへ
17.赤い薔薇
18.今宵の月のように
19.Idon’tknowたゆまずに
20.赤き空よ!
21.ズレてる方がいい
22.俺たちの明日
〈第2部〉
23.大地のシンフォニー
24.Destiny
25.桜の花、舞い上がる道を
26.(仮)なからん(新曲)
27.(仮)雨の日も(新曲)
28.明日を行け
29.新しい季節へキミと
30.FLYER
31.ガストロンジャー
32.ファイティングマン
〈アンコール〉
33.平成理想主義
34.笑顔の未来へ
35.ハナウタ~遠い昔からの物語~
36.涙
〈Wアンコール〉
37.待つ男

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
美しい月の夜に聴きたい名曲5選
エレファントカシマシ、25年連続となる野音公演を開催

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP