ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界最小!スタイリッシュなスマートキー「Qrio Smart Lock」がお目見え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「家の鍵をもっと便利に」そんなコンセプトの下、誕生したハイセンスなスマートキー、「Qrio Smart Lock」が、いよいよ製品化される。

開発元は、WiL(World Innovation Lab)とソニーのコラボレーションで実現したQrio。さまざまな条件のドアに取り付けられるよう、世界最小(※2014年12月時点)の設置面積を実現。堅牢なセキュリティと圧倒的な使いやすさが功を奏し、クラウドファンディングサイト「Makuake」で、この度めでたく資金調達に成功した。

アプリで楽々操作!誰でも使える手軽さがポイント

「Qrio Smart Lock」は、日本国内における防犯対策としてポピュラーなドアロック機構、「サムターン」に被せる形状。

施錠・解錠は、スマートフォンアプリによってコントロール。LINEやfacebookなどの使い慣れたメッセージ機能を通じて、家族や親しい友人にURLの形で、電子キーを渡すこともできる。

動力源は、2本のリチウム電池。1回の交換で、500日ほど使用可能。電池切れでも予備電池に自動的に切り替わり、アプリからの通知やインジケーターの光で交換のタイミングを知らせてくれる。

工具要らずでカンタン設置。賃貸でも利用可

設置はいたってカンタン。ドライバーなどの工具を一切使わずに誰でも簡単に取り付けられるので、賃貸住宅でも問題なし。

ドアとの固定には粘着シートを用いているため、不必要になったときは、跡を残さずきれいにはがすこともできる。アルミを基調とするスタイリッシュなボディも魅力だ。

最近流行のシェアハウスを筆頭に、ホームパーティやベビーシッター、家事代行、宅配など、あらゆるシーンでの活用が期待される本品。配送開始予定は、5月中旬。「鍵を通して、ものづくりとインターネットの力で家の中をもっと便利に、楽しくしたい」という、作り手の想いがどう伝わるのか、今後の動向に要注目だ。

Qrio Smart Lock

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP