ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【子どもの安全を守る】車中に置き去りにしたらアラートで知らせてくれる「Starfish」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Starfish

親にとって、子どもはかけがえのない存在。多くの親たちは、一生懸命子どもの面倒をみているだろう。しかし、一瞬目を離したすきに起こる、悲劇的な事故が発生する可能性はゼロではなく、気温の高い夏に車中に置き去りにされ、命を失う子どもの事故は後を絶たない。

チャイルドシートに着席した状態を感知

Studio Whaleが開発した「Starfish」は、そんな事故をなくそうと作られた新しいシステム。小型GPSと重量センサーが内蔵された、手のひらに乗るくらいのサイズの本体デバイスと、専用のアプリで動作する。アプリはiPhone、Androidどちらにも対応。

本体デバイスはチャイルドシートの下側に設置する。センサーはシートの上に子どもが着席した状態であることを感知し、Bluetoothを通じて、親のスマートフォンの位置を追跡。子どもをチャイルドシートに着席させると、自動的にスマートフォンのアプリとの連動が開始され、“今、子どもが着席状態”というアラートを送ってくれる。

一定距離、車から離れるとお知らせ

Starfish2

アプリとの連動が開始されると、およそ20フィートという一定の距離を、安全圏エリアとして認定する。もし、親がその圏内以上離れた場合、子どもが危険な状態かもしれないと知らせるアラートを、親のスマートフォンに送信する。

緊急連絡先に自動でアラートも

さらに、そのアラート送信から5分経っても反応がない場合には、あらかじめ設定しておいた緊急連絡先に、最後に検出された親の位置を知らせてくれるようになっている。

複数の「Starfish」デバイスを、1つのスマートフォンに集約して管理することができるため、子どもが数人いる大家族でも安心だ。

「Starfish」1つで60ドルの価格になる見込み。人間であれば、誰しもうっかり、ということはある。だからこそ、子どもの安全のため、万が一のときに備える「Starfish」は、心強い味方になってくれることだろう。

Starfish

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。