ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タブレットの理想のカタチは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

節約&倹約も大事だけど、新しい一年をがんばるためにも、ごほうびが必要! …なんて考えている人も多いのでは? さて、そんな自分へのプレゼントにタブレットはいかがでしょうか! スマホが浸透した今、次なるガジェットとして、タブレットの一つも操れてこそ、デキるオトコというもの! そこで、まだタブレットを購入したことがないという人が、初めて手にするべきタブレット像について探ってみました! 

●初めてのタブレットはコスパで選びたい!

【画像や図表を見る】

新しいタブレットのニュースを見るたびに欲しくなるものの、すでに持っているスマホとどうやって使い分けるのか、イマイチわからない…なんて人も少なくないのでは? そこで、初めてのタブレットをどんな風に使おうと考えているのかを、タブレット購入意向のある20代、30代のスマホユーザー100人にアンケート調査。まずは「スマホだけでなく、タブレットがあれば…と思う瞬間」について聞いてみると「帰宅後のオフタイム」を61%の人があげて第1位に。「タブレットを持っていたら、どんな風に使うか」について質問には、「ウェブ閲覧」(77%)、「動画鑑賞」(57%)が1位と2位にあがったことから、外出先や移動中ではスマホで間に合うものの、帰宅後のリラックスタイムには、より大きな画面でインターネットコンテンツを楽しみたい…と考える人が多いようです。

ところが、実際に「自分がタブレットを買う場合、どんな点が気になるかと思うか」について質問してみると、「コストパフォーマンス」(73%)、「CPU(動作のスピード)」(61%)、「駆動時間」(57%)がトップ3に入り、「画面の大きさ」は第4位…。確かに、慣れないタブレットとなれば、まずは価格と基本性能がしっかりしていないと、いくら画面が素晴らしくても不安になるのは当然かも…。

では、そんなタブレットにみんなはどのくらいの予算を見込んでいるのでしょうか。「初めて購入するタブレットは、いくら程度が妥当か」について聞いてみると、「3万円台まで」と答えた人が73%。うち、「2万円未満」と答えた人も22%いました。

あまり高額ではないものの、それでいて安心の基本性能を備えた、コストパフォーマンスのよい一台…。初めてのタブレットに求められるそんな条件にぴったりのタブレットが、この冬登場しました! その名も『 “インテル、はいってる”タブレット2』! 以前にAndroidタブレットとして発売された『“インテル、はいってる”タブレット』の第2弾としてつくられた、Windowsタブレットです!

販売価格19,800円(税抜)とお手頃価格でありながら、安心の「インテル(R) Atom(TM) プロセッサー Z3735F」を採用。パソコンで培った高い技術性能に加え、メモリも2GBを搭載しているので、ゲームやアプリの操作、ウェブの閲覧もサクサク快適に稼働! さらに省電力で好きな映画も写真もいつでも長時間視聴可能でき、バッテリーも長持ちです。ディスプレイは8.0インチあるので、これなら「帰宅後にゆっくりネットコンテンツを楽しみたい…」というタブレットビギナーの望みも十分にかなえてくれそう!

話題のこちらのタブレットは、ビックカメラグループ限定で発売されているとのこと。2015年は、新しいタブレットと一緒に、新しいインターネットライフを始めてみてはいかがでしょうか。

(R25編集部)

タブレットの理想のカタチは?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

次世代型掃除機&お掃除ロボ5選
水回りの感動お掃除ガジェット5選
家事代行業者に聞く「掃除のコツ」
自宅で「ダウン丸洗い」6ステップ
「自宅で洗える革靴」4つの条件

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP