ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

究極の息抜きゲー『ヘイ・デイ』が全員使用OKなWebみくじ提供!今年の運メェ~は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

農家になってそろそろ2か月になろうとする、新米農家の記者です!
「兼業農家か?」という声が聞こえてきそうですが、本当の農家ではなく『ヘイ・デイ』というゲーム世界で農業を営んでいるのですよ。

【関連:目指せ大農家!話題の農業ゲーム『ヘイ・デイ』序盤のコツを紹介】

『ヘイ・デイ』は、昨年頃からテレビCMなど積極展開しているので、名前を知る人は多いのではないでしょうか?
世界的ヒットゲーム『クラッシュ・オブ・クラン』と同じ、フィンランドのゲーム会社スーパーセルが手掛けるゲームで、世界72か国で提供されておりiPadゲームでは売り上げ1位を記録しているそうです。

このゲームは、プレイヤーが農家となって農場を経営するという、農場経営シュミレーションゲームになっています。
開墾して土地を広げたり、畑で作物を育てたり、家畜を育てて卵や牛乳をあつめたり、さらには収穫物から、ケーキやパンを作って販売したり、そして時には寂れた街の復興に尽力したり……と、地味ですが何気にやることは多いゲームです。



以前は、ガッツリとしたMMORPGにハマっていたのですが、年を重ねるにつれゲームに没頭するのに疲れてしまい、ここ数年はゲームをすること事態から遠ざかっていました。
ただ元は根っからのゲーマーなので、息抜き用に何か楽にできるゲームでできればあまり課金をしなくてすむものを……と探していたところ見つけたのがこのゲーム。テレビCMで見て、なんとなーく始めて、なんとなーく今まで続けています。

日々コツコツ作物を育て、物を作り、そして売ってという繰り返し。ただ、ハロウィンやクリスマスなどのイベントごとには、それなりの季節イベントも開催され、ゲーム内世界がハロウィンやクリスマス一色になったり、報酬が高めのクエストが開催されたりもします。



ちなみにですが、このゲームでも他のプレイヤーと交流が行えます。機能は『コミュニティ』と呼ばれ、レベル29から使用可能。ただし、『コミュニティハウス』と呼ばれる、要するに集会所的な建物を修理してからでないと使用できません。修理には、ゲーム内コインが必要となりますが、普通にプレイしていれば課金することもなく貯められるレベル。
以前やっていたゲームでは、アイテムの収集に、コインの収集、露店取引などに追われ、最初楽しかったはずなのに、次第にそれがストレスに感じるようにもなっていました。
このゲームの場合には、無理な課金を求めないよう設計されているので、そうした事とは一切無縁。息抜き気分でプレイするには本当にもってこいのゲームなのです。

こういう「ゆる~い」特徴が受けてか、日本でも徐々にプレイヤー数を伸ばしているそうですよ。

そうそう、新年といえば?という事で、1月1日からはプレイヤー以外でも誰でも参加できる『ヘイ・デイおみくじ』がWebで提供されています。


やり方は簡単で、特設サイト(http://supercell.co.jp/haydayomikuji/)にアクセスして「おみくじを引く」ボタンを押すだけ。Twitterからの場合にはハッシュタグ「#ヘイデイおみくじ」を投稿すると、上記URLが自動返信されるサービスも行われています。プレイヤーの場合には、新聞の最初の方に広告が出ているので、そこから移動してみてください。

なお、この特設サイトでは、プレイヤー向けに「お年玉プレゼントキャンペーン」も開催されています。必要事項を記入し応募すると、A賞は抽選で15名にゲーム内ダイヤモンド500個、B賞は抽選で20名にオリジナルグッズセットがプレゼントされるそうです。

そして同じく1月1日から16日にかけては、山手線をトレインジャックした『ヘイ・デイ』号が運行されています。

【ゲーム概要】
タイトル:ヘイ・デイ
課金形態:基本無料
配信:App StoreGoogle Play

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP