ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生野菜と麺を混ぜて食べる「サラダ麺」がバンコクで女子に大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

グルメの都市、タイの首都バンコク。中国やベトナム、そして日本からあらゆる食文化が流れ込み、独自の味を楽しむことができます。

最近、タイ人女子の間ではサラダ麺が人気です。

細かく砕いたタイの野菜に、米や小麦粉で作った麺をよくからめて食べます。かなりアローイ(美味しい)です。

野菜は全部が生なので、食べるとしゃりしゃりして美味しいんです。スパイシーにするとすっごく辛いから、そのときは甘いミルクティーとかミロを飲みます。

タイではミロが人気ですから、老若男女が飲んでいますよ。

野菜と麺の比率は同じくらいですので、ダイエットとか健康に気を使っている女子に人気なんです。

魚のすり身をスライスしたものとか、お肉を入れる場合もあります。お肉を入れるなら鶏肉が合いますよ。

この料理はもともとタイの屋台料理として昔からある物ですが、オシャレなフードコートやレストランでも出すようになりました。

高くても150バーツくらいでしょう。普通は100バーツくらい。屋台なら50バーツでも食べられます。2014年6月現在、サイアムパラゴンの地下フードコート内にある『Ros’niyom』でも食べられますよ。

記事: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP