ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

増税ラッシュ 世界一の相続税、たばこ「わかば」等引き上げ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 消費増税の先送りを理由に解散に踏み切り、安倍晋三首相は選挙に勝った。だが、国民には次から次へと負担増が押し付けられる。

 増税ラッシュも続く。この1月から相続税が増税され、世界一高くなった。相続人が妻と子供1人の場合、従来は遺産総額が7000万円まで非課税だったが、今後は預貯金や不動産などを合わせて相続額が4200万円を超えると最高55%の税金がかかる。

「相続税」は一部の資産家だけの悩みではなくなり、地価が高い東京国税局管内では、持ち家の庶民の多くが納税を強いられ、課税申告が必要なケースが全体の半数になるとの試算もある。
 
 廃止のはずだった自動車取得税は、なんと存続されることにされた。
 
 たばこも増税される。自民党は税率が低いことから価格が安く、高齢者に人気の「わかば」「エコー」など6品目の税率を段階的に引き上げる方針だ。

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
相続税の増税で「遺産が半分くらい持っていかれる」は誤解
2015年相続税改正に5つのポイント 減税に繋がるポイントも
相続税改正 対象が全国民の4.2%から6~7%になるとの試算

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP