体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅先でキレイな写真を撮りたい人が知っておくべき5つのX線対策方法

Photo Credit: ayadiary via Compfight cc

Photo Credit: ayadiary via Compfight cc

旅に持って行く必需品のひとつとしてカメラがあります。コンパクトカメラから本格的な一眼レフカメラまで様々なものがありますが、中にはフィルムカメラを持って行くというこだわり派のみなさんもいらっしゃると思います。

そこで問題になってくるのが荷物検査時に受けるX線検査。空港では、荷物の中に危険物が無いかをX線を通してチェックしています。そのX線がフィルムに影響を与えてしまい、写真が変色したり、粒子が粗くなったりする事があるため、フィルムユーザーの海外旅行の悩みの種となっているのです。

一応大丈夫だけれど……

手荷物検査の機械には、それぞれ「ISO感度~までは安全」という表示がされています。しかし何度もX線を通すと、安全と書かれているISO感度範囲内でも感光してしまう事があります。

多くの空港係員は「ISO感度○○までは安全と書いてあるから問題ない」と主張してきますが、一度X線を通してしまえば比較は出来ませんし、感光してしまったかは現像しないと分かりません。感光していたからといって、その空港職員が責任を取ってくれるわけでもなく、ただ感光したフィルムと思い出を前にして、悲しみに打ちのめされることになります。

できるだけX線の感光を避けるべく、今回は海外旅行にフィルムを持って行くこだわり派の皆さんと、X線検査回避対策方法を5つ考えてみたいと思います。

(1)フィルムは絶対に手荷物にする

Photo Credit: ** RCB ** via Compfight cc

Photo Credit: ** RCB ** via Compfight cc

飛行機に乗る時にはチェックイン時にカウンターで預けてしまう「預け荷物」と、自分で機内に持ち込む「手荷物」の2種類の荷物がありますが、フィルムは絶対に手荷物にしましょう。預け荷物を見るためのX線はとても強力なため、1回でフィルムが感光し、ダメになってしまう事があります。 一方で、手荷物のX線は預け荷物のものよりも弱く、X線の強さを調整できるものがあるので影響が少ないと考えられます。

(2)ジップロック等に箱から出して入れておく

筆者の旅行時のもの

筆者の旅行時のもの

デジタルカメラが一般化している今となっては、フィルム自体を知らない、ほとんど目にする事がないという人も少なくないと思います。そのため、国によっては怪しまれてしまう事もあります。そうならないように、フィルムは箱から出して透明のジップロックなどの袋に入れ、目で見てすぐに分かる状態にしておきましょう。 出来るなら袋自体に「Film」(フィルム)、「Hand check please!」(ハンドチェック プリーズ)、「Hand Inspection」(ハンド インスペクション)、とマジックではっきりと分かるように書いておくとより効果的です。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会