ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ニューヨーク】ド派手な年越し!カウントダウンをNYタイムズスクエアで迎える時の3つのコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Grzegorz Samborski「NYC」より

クリスマスも終わり、もうすぐ2015年。今年はもうやり残したことはありませんか?

新年を迎えるならば、こたつの脇でぬくぬくまるまっていたい……という方も多いでしょうが、どうせならど派手に新年を迎えたい!という方にオススメなのがアメリカのニューヨークです。

気持ちよく新年を迎えるためにも、ニューヨークでのカウントダウンにおけるコツをご紹介します。

(1)ベストポジションを確保するには

この日のために、世界中からものすごい量の人が、ニューヨークのタイムズスクエアに集まります。その数は、最高100万人以上とも言われています。

ですから、人ごみを完全に避けることはできませんが、せっかくニューヨークタイムズのど真ん中でカウントダウンをするんですから、その盛り上がりを周りといっしょに楽しみたいところ。そのためには、カウントダウンの約10時間前には現地に居る必要があると言われています。お昼頃には人が集まり出すようです。

現場に折りたたみ式のイスを持ち込んで場所取りをしても、結局人ごみのおかげで移動せざるを得ないことが多いようですが、なるべくベストポジションを事前確認しておくくらいの心の余裕が必要です。そして長時間待たなければならないため、時間をつぶせる本などを持っておくと良いかもしれません。

(2)トイレ対策は万全に

一旦人ごみにのまれたら、そこから脱出するのは難しいです。そのため、トイレは必ず事前に済ませておきましょう。

水分を摂りすぎない、体を冷やさない、などの対策を取ることをおすすめします。現地にはトイレはないと考えて良いでしょう。

(3)寒さをナメてはならない

年末年始のニューヨークは、0度を下回ることもあるほど寒い時期です。ホッカイロや保温下着、はらまきや手袋を駆使して、待ち時間を耐えましょう。また、油断しているとトイレが近くなることも注意です。

もし複数人で行くならば、待つのを交代制にしたり、一人で現地へ行ったとしても、周りの人と協力と譲り合いをしながら寒さを乗り越えたいものです。

まとめ

Grzegorz Samborski「NYC」より

日本のお正月でしっぽり年越し、もいいですが、ニューヨークのド派手な花火と人々の熱気に包まれながら、来る年を迎えるのも楽しそうですね。あなたはどこで新年を迎えますか? 過去を振り返るのもいいですが、ぜひ新年に向けてエネルギーを充電する年末年始にしてみてはいかがでしょう。では、良いお年を!

*Haruka Tajima「【大都会NYを一人旅】タイムズスクエアでひとりぼっちは意外とつらい?!
*Grzegorz Samborski「NYC
*Erika Anne Nagaoke「【NY】女子旅!大人の夜遊び

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP