体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【夕焼け】まさに絶景。生で見たい世界のうつくしい夕焼け10選

Sara Kobayakawa 「Hampi」より

Sara Kobayakawa 「Hampi」より

場所も違えば景色も違う。同じ夕陽でも、様々な顔を持っています。10ヶ国の異なる夕陽をご紹介します。旅先では朝ゆっくり寝ていたい方もいるでしょう。朝日を観るのはちょっとキビシくても、夕陽なら見られそうなあなた。どの夕陽が一番お気に入りか、考えてみて下さい。

(1)インド/ハンピ

インドの南に位置するハンピという地域にある、ヴィルーパークシャ寺院横の丘を登ったところからの眺め。この地域では有名な夕陽スポットだそうです。丘にたくさんいる猿に気をつけながらも、一度は見てみたい景色です。

(2)チリ/イースター島

安達 岳 「photrip 〜世界一周・南米編〜」より

安達 岳 「photrip 〜世界一周・南米編〜」より

言わずと知れた、モアイ像の島。昼とはまた様子が一変して、不思議な空気を醸し出しています。シルエットになったモアイ像の神秘さは直接体現しないとわからない、と言います…。

(3)アメリカ/グランドキャニオン

Shohei Watanabe 「アリゾナ州 グランドキャニオンとRoute66など Arizona Grand Canyon, Flagstaff」より

Shohei Watanabe 「アリゾナ州 グランドキャニオンとRoute66など Arizona Grand Canyon, Flagstaff」より

グランドキャニオンで夕陽を観るならここ、Hopi Point(ホピポイント)。一番夕陽がきれいに観られるスポットだそうです。(※相当の人でにぎわうそうなので、覚悟は準備して行きましょう)

(4)ボリビア/ウユニ塩湖

Rie Takeshita 「60日間世界一周」より

Rie Takeshita 「60日間世界一周」より

どのタイミングのどのシーンでも絵になるこの場所。夕陽もやはり素敵でした。一度は自分の目で見てみたいものです。撮影者の“世界一周に出るきっかけになった念願の場所”だそうです。納得できるほどの景色ではないでしょうか。

(5)カンボジア/プノンバケン

tabitabi parsley 「2011.11 失われた都アンコール遺跡群を巡る」より

tabitabi parsley 「2011.11 失われた都アンコール遺跡群を巡る」より

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。