ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【夕焼け】まさに絶景。生で見たい世界のうつくしい夕焼け10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sara Kobayakawa 「Hampi」より

場所も違えば景色も違う。同じ夕陽でも、様々な顔を持っています。10ヶ国の異なる夕陽をご紹介します。旅先では朝ゆっくり寝ていたい方もいるでしょう。朝日を観るのはちょっとキビシくても、夕陽なら見られそうなあなた。どの夕陽が一番お気に入りか、考えてみて下さい。

(1)インド/ハンピ

インドの南に位置するハンピという地域にある、ヴィルーパークシャ寺院横の丘を登ったところからの眺め。この地域では有名な夕陽スポットだそうです。丘にたくさんいる猿に気をつけながらも、一度は見てみたい景色です。

(2)チリ/イースター島

安達 岳 「photrip 〜世界一周・南米編〜」より

言わずと知れた、モアイ像の島。昼とはまた様子が一変して、不思議な空気を醸し出しています。シルエットになったモアイ像の神秘さは直接体現しないとわからない、と言います…。

(3)アメリカ/グランドキャニオン

Shohei Watanabe 「アリゾナ州 グランドキャニオンとRoute66など Arizona Grand Canyon, Flagstaff」より

グランドキャニオンで夕陽を観るならここ、Hopi Point(ホピポイント)。一番夕陽がきれいに観られるスポットだそうです。(※相当の人でにぎわうそうなので、覚悟は準備して行きましょう)

(4)ボリビア/ウユニ塩湖

Rie Takeshita 「60日間世界一周」より

どのタイミングのどのシーンでも絵になるこの場所。夕陽もやはり素敵でした。一度は自分の目で見てみたいものです。撮影者の“世界一周に出るきっかけになった念願の場所”だそうです。納得できるほどの景色ではないでしょうか。

(5)カンボジア/プノンバケン

tabitabi parsley 「2011.11 失われた都アンコール遺跡群を巡る」より

アンコールワットが見える位置にあり、カンボジアのアンコール遺跡の1つであるプノンバケン寺院から観た景色。夕陽スポットかつ日没が早いため、時間に気をつけて行くべきだそう。

(6)韓国/チェジュ島

Hiroki Matsushima 「Jeju Island」より

ユネスコの自然遺産に登録されている城山日出峰から眺めた日の入り。日の出が有名ですが、日の入りも素敵です。景色も素晴らしく、観光客に人気のスポットとなっています。

(7)マレーシア/ランカウイ島

Yu Inukai 「LCCでお得に!!穴場リゾートランカウイ島の旅!」より

ビーチサイドにバーが並んでいて、夕方から日没までお酒を飲みながら沈む夕陽を眺めることができます。ちなみに免税の島なので、安くお酒が飲めます。贅沢な気分にひたれそうです。

(8)インドネシア/クタ

Marii Nishikawa 「ぶらりアジアひとり旅♡マレーシア、インドネシア part2」より

ビーチの夕陽はロマンチックな気分になりますね。ビーチサイドにはカップルがいっぱい。でも一人でのんびりビーチサイドから夕陽を眺めるのも、素敵だと思いませんか。天気が良ければ、寝転がりながら日が沈むのをビーチサイドで待つ…なんておしゃれなんでしょうか。

(9)フィンランド/ヘルシンキ

yumiyumi 「☆゚:*:・。,フィンランドの窓辺 3日目 ,。・:*: ‘☆」より

ヘルシンキの街中。大自然の中の夕陽も素敵だけれど、街中で観るのも良いものです。北欧ならではの、独特の色彩を持つ建物と夕陽のコントラストは、なかなか見られない景色です。

(10)台湾/台北

Kayo 「住むように過ごす旅・台湾」より

日本では有名な観光地である「九份」のイメージが強い台湾ですが、街中でも夕陽が素敵に見られる場所に出会うこともできます。自然と都会の融合のような雰囲気もあって、風情がありますね。

お気に入りの夕陽を見つけに行こう

気に入った景色はありましたか? 自分たちがいつも見ている夕陽も美しいですが、違った夕陽や、お気に入りの場所の夕陽を観に出かけてみませんか。美しい夕陽を眺めていたら、新たな発見が景色の中だけではなく、自分自身の中にさえあるかもしれません。

(ライター:藤江陽子)

関連旅行記はこちら

*Rie Takeshita 「60日間世界一周」:ボリビア
*Hiroki Matsushima 「Jeju Island」:韓国
*Yu Inukai 「LCCでお得に!!穴場リゾートランカウイ島の旅!:マレーシア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP