ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』マキシマム ザ ホルモン「F」使用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マキシマム ザ ホルモンの楽曲「F」が、劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のバトルソングとして劇中で使用されることになった。

 この「F」という曲は、2008年に発売されたダブルA面シングル『爪爪爪/「F」』のタイトル曲だが、マキシマムザ亮君が幼少の頃から大好きだった『ドラゴンボール』の世界観、特にフリーザというキャラクターをマキシマム ザ ホルモンというフィルターを通し、民族弾圧というテーマと絡めて作り上げた曲として各方面で話題となり、ライブやフェスでも腹ペコたちを熱狂させる定番曲となっている。

 CDの発売から4年後の2012年には、ホルモンのライブ会場で鳥山明と直接会えるチャンスが舞い込み、フリーザについて歌った「F」をその日のライブで披露する事ができた。鳥山明も感激し、それ以来、度々ホルモンのライブに来場したりと、お互いに親交を深めていく中で、昨年の某日「マキシマム ザ ホルモンの「F」を聴いて次回作の映画の脚本を一気に仕上げる事ができました!」というメールが。そして映画の情報解禁に合わせ、下記コメントが発表された。

◎鳥山明先生のコメント~一部抜粋~
今回、フリーザが復活します!
「F」はフリーザのFです。
これは、映画の次回作の話をあれこれ悩んでいた頃、
友人を通じて知り合った「マキシマム ザ ホルモン」
の「F」という曲を聴いてひらめいたアイデアです。
「F」はフリーザのことを、えげつなくもカッコよく歌った曲です。
もちろん、ただ復活しただけじゃないので、
すさまじい対戦をどうぞお楽しみに!

 今回の映画のタイトル『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の「F」とは、ホルモンの楽曲「F」から名付けられた「F」。あの『ドラゴンボールZ』の新作映画のタイトルに「F」が使用されるという前代未聞の出来事にメンバー、スタッフ一同、驚きと感動に湧き上がったそう。さらに、今回なんと劇中での「F」の楽曲使用が決定。ついに“作者公認”を経て“映画公式”になった。

 ホルモンの「F」が“復活の「F」”と融合することによってどんな効果を生みだすのか。劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は、全国の映画館で2015年4月18日より一斉公開される。

(c)バードスタジオ/集英社 (c)「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

マキシマム ザ ホルモン 年明けに“ツナのやつ最近食べてる?”ツアー開催
ホルモン“全国腹ペコ統一試験”にメンバーも苦戦!? 答え合わせ、まとめ動画公開
赤点はライブ出禁、『予襲復讐』を経てホルモンが“全国腹ペコ統一試験”実施

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP