ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

小型スピーカーなのに大きな重低音を出すPhantom、間もなく登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Phantom

ダイナミックで立体的な重低音に欠かせないウーファー(スピーカーの一種)。一般に、大きな重低音を鳴らすには、大きなウーファーが必要だ。

その常識を覆すスピーカーが間もなく登場する。フランスのオーディオメーカー「Devialet」が開発した「Phantom」だ。直径約30センチというサイズにもかかわらず、画期的な重低音を楽しめるのだという。

・真空部分で大音量に

重低音を可能にしているのが、ADH(アナログ・デジタル・ハイブリッド)と呼ばれる技術。アナログシステムから出るリッチな音を、コンパクトなデジタルハードウェアと合体させている。また、Phantom内に真空部分があり、それにより大音量を可能にしているとのこと。

開発元のDevialet社は数々のオーディオ機器を手がけ、これまでに77の特許を取得している。Phantomはそうした技術が詰まったスピーカーとなっている。

・自宅で本格的なサウンドを

高品質の音響を約束するだけあって値段も約2000ドルと決して安いものではない。ただし、同様の音質を出す既存のスピーカーでもこれくらいの値段はする。

Phantomのメリットとしては、自宅の音響を映画館のようにしたいとき、部屋をスピーカーで埋め尽くす必要がなくなること。WiFiにつなげて使用できるので、手軽に操作できるのも便利だろう。

自宅で映画やミュージックビデオなどを鑑賞するとき、リッチな音を楽しみたいという人は要チェックのこのスピーカー、米国では1月後半から販売が始まるようだ。日本のDevialet社製品取扱店一覧はこちら

Phantom

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。