ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazon、インドで音楽ストリーミング・サービスを計画中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 Amazonがインドでの音楽/ビデオ・ストリーミング・サービス開始に向けて積極的に取り組んでいることが、インドの新聞紙“The Economic Times”の報道により明らかになった。提供するカタログはSpotifyやRdioよりも限られており、まだインド大陸には参入していない年会費サービス、Amazonプライムの一環として位置づけられるという。

 Amazonは昨年6月に米国でストリーミング・サービスを開始。会員数は発表していないが、昨年夏には同国内で2,000万を超えると推定された。

 Amazonインディアは、デジタル・コンテンツのトップに元Multi Screen Media副社長のNitesh Kripalaniを雇用。プライムの開始に向けライセンス契約を担当するとされている。対する米国側のデジタル音楽/ビデオ副社長、ビル・カーは9月に同社を退社している。

 インドでの音楽ストリーミング・サービスは、この1年で急速な成長を遂げた。昨年3月にRdioが買収し閉鎖された(同国ではまだ再開していない)インドのストリーミング・サービス、Dinghanaをはじめ、オーストラリア生まれのGuveraは11月にサービスを開始。インド最大のストリーミング・サービス、Saavnは、夏の終わりに新たな資金調達を行ない、12月初めにはTwitterと提携した。

 ストリーミングの経済成長が進むに合わせ、各社は大幅な成長(と問題)が見込まれるBRIC諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)に対し、関心を示し続けるだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

アナ雪の次はこれだ!ディズニー最新映画『ベイマックス』公開記念特番が日本初放送
2014年の最重要トピック、ホージアのデビュー作を検証する
多種多様にアピールするキッド・インクのメジャー作から聴こえるラップ・シーンのホープの実力

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP