ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2015 : Cerevo、スマートフォンと連携するスポーツ用品ブランド「XON(エクスオン)」を立ち上げ、スノボのバインディングをスマートデバイス化した「SNOW-1」を年内に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Cerevo は 1 月 5 日、スマートフォンと連携するスポーツ用品ブランド「XON(エクスオン)」を立ち上げ、同ブランド第 1 弾製品となるスノーボード用品「SNOW-1」」を年内中に発売することを発表しました。とうとうスポーツ用品にもスマートデバイス化の波が押し寄せてきたようです。XON 第 1 弾 SNOW-1 は、スノーボードのボードにブーツを固定するバインディングをスマートデバイス化したものです。内部には Bluetooth 4.0 対応の通信モジュールや 3 軸加速度センサー、2 つの曲げセンサー、片方×4 計 8 つの荷重センサーを内蔵しており、ライディング中の加重のかかり方や足首のしなりなどを数値化して記録、スマートフォンに転送します。スマートフォンと連携して利用することで、GPS ベースの位置画面に SNOW-1 で計測したデータを任意のポイントで閲覧することも可能。さらに片足の前後に 100m 先からでも認識できる高輝度の LED を内蔵しており、雪上での存在を明らかにしたり、イルミネーションにすることもできます。製品はまだ開発中となっており、Android にも対応するのかや具体的な発売スケジュールなどは公開されていませんが、価格は米ドルで$400~$600 になると言われています。Source : Cerevo


(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2015 : Parrot、Android 5.0を搭載した車載システム「RNB6」を発表、Android AutoやApple CarPlayをサポート
CES 2015 : NVIDIA、64bit 8コアCPUとMaxwell 256コアGPUを搭載した「Tegra X1」を正式発表
CES 2015 : 中国 Snail、ゲーム映像を立体視できるゲーミングスマートフォン「Snail Games W」シリーズとハイスペックAndroidコンソールゲーム機「OBox」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP