ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

道重卒業後のモーニング娘。が見せたプライド アンジュルム(旧スマイレージ)の衝撃“逆襲の狼煙”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

道重卒業後のモーニング娘。が見せたプライド アンジュルム(旧スマイレージ)の衝撃“逆襲の狼煙”

 1月2日 中野サンプラザにて【Hello!Project 2015 WINTER ~DANCE MODE!~】が開催され、Berryz工房、℃-ute、モーニング娘。’15、アンジュルム(旧スマイレージ)、Juice=Juiceなどハロー!プロジェクトのアイドルグループが一同に会した。

ハロー!プロジェクト キュートなライブ写真一覧

<ハロー!プロジェクト大改革の影響 全グループ臨戦態勢>

 昨年11月26日 ハロー!プロジェクト兼モーニング娘。のリーダーであった道重さゆみが卒業し、歴史上初めてモーニング娘。以外のメンバーがHello!Projectリーダーに就任(矢島舞美(℃-ute))。他にも、Berryz工房の無期限活動休止決定、カントリー娘。がカントリー・ガールズに改名(プレイングマネージャーとして嗣永桃子が参加)、スマイレージが新メンバーを加えてアンジュルムに改名等、ハロプロ内の大改革が進んでいることもあり、各グループは2015年最初のハロコンからいつにも増して臨戦態勢。お祭りムードはありながらも、それぞれの個性を爆発させた全身全霊のアクトが繰り広げられた。

<娘。鈴木が靭帯断裂で不参加 それでも見せた“顔”としてのプライド>

 その中でも、道重さゆみ卒業後/12期メンバー(尾形春水/野中美希/牧野真莉愛/羽賀朱音)加入後初のライブパフォーマンスということで注目度の高かったモーニング娘。’15は、鈴木香音が靭帯断裂(全治6週間)で不参加という事態に見舞われながらも、スケールアップしたフォーメーションダンスを展開。モーニング娘。を背負っていく覚悟がヒシヒシ感じられた9期(譜久村聖/生田衣梨奈/鞘師里保)、表情の表現力が増して女らしさにも磨きがかかった10期(飯窪春菜/石田亜佑美/佐藤優樹/工藤遥)、娘。最強の歌唱力の持ち主として我が道を進む11期(小田さくら)と、個々のレベルもしっかりと上昇しており、それに必死に喰らいつこうとする12期の姿も印象的だった。

 道重卒業で年功序列的にはBerryz工房や℃-uteに次ぐグループとなったモーニング娘。だが、それでもハロー!プロジェクトの顔で在り続けようとする、在り続けなければならない意思は、若きメンバーの表情やパフォーマンスにしっかりと漲っていた。モーニング娘。’14に負けない活躍を大いに期待したい。

<新メンバーと新曲「大器晩成」の衝撃。アンジュルム、逆襲の狼煙>

 また、この日は、モーニング娘。12期もさることながら、新メンバーの存在が目立った。照れ笑いが大歓声を生むほどキュートだった島村嬉唄をはじめ、ハロプロ内に未だかつてないタイプのうねりを生みそうなカントリー・ガールズの面々。まだユニット名は決まってないものの、結成が決まったハロプロ研修生8人(藤井梨央/広瀬彩海/野村みな美/小川麗奈/浜浦彩乃/田口夏実/和田桜子/井上玲音)からなる新グループ。そして何より衝撃だったのが、アンジュルムの新メンバー3人(室田瑞希/相川茉穂/佐々木莉佳子)。

 佐々木莉佳子はアイドルシーン最高峰の個性とビジュアルを誇るハロー!プロジェクト全体の中でもエース級の華を咲かせてみせ、卓越した躍動感とリズム感で13歳らしからぬパフォーマンスを展開。どう立ち回っても目立つビジュアルと動きで観客の度肝を抜いた。また、歌力のある室田、早くもキャラ立ちしてる相川とのトライアングル感もキャッチー。モーニング娘。6期の3人(道重さゆみ/田中れいな/亀井絵里)のように後世に語り継がれるスリーピースへと育ってほしいものだ。

 そんな3人を迎え入れて完成させた新曲「大器晩成」のインパクトも強烈。モーニング娘。が「One・Two・Three」で勝つ為の新機軸を打ち出したときの衝撃を想起させる、新しい波を感じさせるアイドルミュージック。ダンスパフォーマンスも含め、リーダーの和田彩花がこの日発した言葉“逆襲”の狼煙を上げるのに相応しいナンバーとなっているので、ぜひ注目してほしい。

<2015年のアイドルシーンも過熱化することは間違いない>

 また、残り僅かな活動期間をひた走るBerryz工房、念願の横浜アリーナ公演を実現する℃-ute、早くも先輩グループとなるJuice=Juice、さらにはモーニング娘。’15メンバー等も巻き込んで熱狂の渦を生んだアップアップガールズ(仮)と、エモーションがほとばしりまくっていた【Hello!Project 2015 WINTER ~DANCE MODE!~】初日公演。彼女たちがいれば2015年のアイドルシーンも過熱化することは間違いない。

取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:内山直也

関連記事リンク(外部サイト)

モーニング娘。道重さゆみ 4329daysの最後に壮絶なる愛示す“永遠の愛の形”
モーニング娘。’14 道重さゆみ卒業インタビュー「娘。は“人生のすべて”」
カントリー娘。新生 ももちはBerryz工房活停後に本格参加「私にはアイドルしか」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。